カッコ付けずに昼寝なんかしちゃおう

  • 2016/06/10
  • ヘルスケア
  • 99view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • カフェイン
  • ストレス
  • メリット
  • 健康
  • 生活習慣
  • 睡眠

昼寝を前向きに捉えるのが睡眠のトレンド

185825999

昼寝なんかしている奴は、ダメな奴と言われていた時代がありました。
しっかり家で睡眠していないから、昼間からそんなだらしない格好をさらける事になるのだと指を差されたものです。
それが科学の進んだ今では、昼寝をしたくなるのは自然の体の欲求とされています。
いかに上手にその欲求に応えるのかが、注目されているのです。

 

昼寝で能力がアップする事もあればダウンする事もある

333449150

効果的な昼寝の仕方をすれば、記憶力も集中力も回復し、ストレスは解消され精神も落ち着くと言ういい事だらけなのです。
時間にして約15分間だけの短時間に集中した睡眠が取れれば、その質は普段の夜の睡眠の3倍にもなると言うのです。
そんなことであれば、昼寝の怠惰なイメージもチェンジされます。
眠たくなったら眠りましょう。
だら寝していては、夜の睡眠が浅くなってしまいます。
体が本格的に睡眠準備を始めてしまうまでに起きないと、急には目は覚め切らないのです。
すると、午後からはだるくて仕方のない昼寝好きのダメ人間のレッテルが貼られてしまうのです。
そこは、メリハリを付けて寝れば大丈夫です。

 

15分で起き上がる

353560076

昼寝は、15分以上でも無ければ15分以下でもいけません。
これが眠りのサイクルにぴったりマッチして、深過ぎず浅過ぎずのベストタイムになっているのです。
これを短時間集中の攻撃型睡眠とでも申し上げましょう。
昼寝が嫌われるのは、このベストタイムで起き上がる人がほとんどいないからです。
結果、寝不足あるいは寝過ぎの状態で午後の仕事になるのですが、調子いいはずもありません。

 

カフェインの覚醒パワーを借りる

13841581

爽快に起き上れるように、寝る15分前にあらかじめコーヒーかお茶でカフェインを摂ってから眠りましょう。
カフェインは、30分で効き目が表れるからです。
リズムが出来上がれば、当たり前になってしまいます。
昼寝を周囲の人に認めてもらえるくらい毎日のように堂々と出来るような昼寝をしましょう。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • カフェイン
  • ストレス
  • メリット
  • 健康
  • 生活習慣
  • 睡眠

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ