ストレッチはやり方ではなく、やりよう

  • 2016/06/09
  • ヘルスケア
  • 95view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 健康促進
  • ストレッチ
  • 健康
  • 健康管理
  • 生活
  • 生活習慣

ストレッチは何のためにしているのか

291041570

ストレッチは、スポーツ選手が試合前に筋肉や関節を柔軟にして、急激な運動による怪我を防ぐためのものでした。
そのために、思い切り体の各部位を曲げたり伸ばしたりしていたものです。
これで筋肉の収縮や関節への急な衝撃にはある程度の抵抗力は上がります。
ただ、これだけしていたのでは、筋肉に力は十分与えられないのです。
筋肉はいったん伸びきってしまうと、逆に縮まりにくくなるのです。
とすれば、怪我こそ予防はしても、スポーツでより良い成績を上げるのには適していない事になります。

 

 

ストレッチはちゃんとしない

292800941

人間、筋肉に力が思うように入らなければ、体だけでなく気も入らないくなってしまうものです。
心技が一体になってこそ、人間の力は発揮できるのです。
毎朝、ラジオ体操をやっている方、今ではあまりいないかもしれませんが、目覚めにストレッチなどする人は多いでしょう。
それで全身の機能が目覚めるような気がするものです。
でも体の固い人は、なかなか股関節が開かないと無理もしがちです。
ここで、気合いを入れて伸ばしすぎると、筋力が落ちてしまう訳です。
自分の体に嘘をつかない程度にマイペースを心がける事です。
筋力が落ちれば、精神力も落ちてしまいます。
この辺り、微妙なバランス感覚を持ってする必要があるのです。
つまり、朝のラジオ体操やストレッチは、いい加減にした方がトータルでは効果的なのです。

 

 

正しいストレッチの心がけ

247427473

いい加減にした方が良いと言っても、思い出した時だけしていてはいけません。
しっかりほぼ毎日続けるようにしましょう。
ストレッチ自体は、続けてさえいれば大変な効果があるのです。
毎日、何時頃に何回するのか、決まりはありません。
自分のできる範囲でかまいませんから、決めた通りに続ける事です。
大切なのは、毎日続けられる量と内容である事です。
何も考えずに習慣で取り組めるような風呂上りとか寝る前とかがおすすめです。

この記事につけられたタグ

  • 健康促進
  • ストレッチ
  • 健康
  • 健康管理
  • 生活
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ