今すぐ実践できる「早漏を改善する7つのメソッド

  • 2015/12/09
  • ヘルスケア
  • 150view
  • YAZIUP運営
タグ

それぞれの状況に適した方法を試してみてください

デキる男は、昼も夜もアクティブでありたいものです。

しかし、下半身に悩みを抱える人は少なくなく、日本人男性の2人に1人は早漏と言われています。

そこで、すぐに活用できる改善法を紹介していきます。

 

 

体位を変えれば、持続力が違ってくる

最もオーソドックスな体位は正常位です。

この体位は、男性がイキやすい体位と言われています。

理由は、男性が前傾姿勢を取るため、交感神経を刺激するためです。

このように男性がグイグイ動く体位よりも、女性が積極的に動く体位に持っていくのが早漏回避の体位なのです。

 

そこでお勧めしたいのが、「騎乗位」や「対面上体立位」。

対面上体立位は、正常位の体勢から男性が上体を起こして膝をついたスタイルです。

どちらも正常位よりも射精を抑制する効果が期待できます。

 

また、激しい動きは女性もさほど喜びません。

キスなどを交えながら、お互いの気持ちを確認するムードとスピードが好まれます。

273967700

 

 

コンドームの厚さにこだわる

最近のコンドームは「超薄型」といった薄さにこだわった商品が数多く販売されています。

薄い分、刺激が得やすいわけですから、早漏を回避するためには、あえて「厚型」をセレクトするのです。

刺激が低くなるわけですから、持続力は逆にアップする可能性が出てきます。

144663611

 

 

興奮状態でも深呼吸

興奮状態に入ると、無呼吸状態で動き続けることがよくあります。

そのような時は気持ちをコントロールできない状態で、すぐに果ててしまう結末につながってしまいます。

だからこそ、興奮が高まった時は深呼吸を心掛けましょう。冷静な状況が持続力につながります。

108500261

 

 

PC筋肉を鍛えて、「寸止め力」を高める

PC筋は、肛門周辺の筋肉のことです。

「5秒前後、力を入れた後、5秒後前後、力を抜く」という運動を、1日に何度か繰り返すことで、勃起力に向上すると言われています。

これはすぐに効果が出てくるものではないので、継続してじっくり効果を待つことが大切です。

270437153

 

 

昔ながらの金冷法で、男性ホルモンを分泌する

睾丸で男性ホルモンが分泌されやすいのは、体温よりも5℃前後低い時と言われています。

最近は保温性の高い下着は流通しているため、この分泌活動が低下しているとも言われています。

そこで、昔から伝わる金冷法が見直されているのです。

通常温度のシャワーを浴びた後、30℃前後の水を股間にかけて冷やします。

これを繰り返すことで、精子の生産能力を高めていく方法です。

161022608

 

 

挿入前に、早漏スプレーを吹きつける

亀頭周辺に早漏スプレーを吹きつけると、ペニスの感覚を鈍らせるため射精が遅くなる効果があります。

ただし、スプレーには麻酔成分が含まれているため、女性の感覚も麻痺する可能性がありますので、使用前にはパートナーとしっかり話し合っておくことをお勧めします。

320449997

 

 

2つの種類のサプリメント

早漏改善に効果があると言われるサプリメントは2種類あります。

1つは男性ホルモンを補給するタイプ。もう1つは勃起力を高めるサプリメント。

こちらのタイプには、バイアグラなどが含まれます。

200098349

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ