ED、不感症は恥ずかしくない!ヘルスケアに関する治療と日々の健康管理で改善します。

  • 2016/01/13
  • ヘルスケア
  • 180view
  • YAZIUP運営
タグ

EDも不感症も病気です。医師に相談して改善しましょう。

EDも不感症もその多くがストレス等の心理的なものが原因です。特に仕事や人間関係のストレスが原因となります。EDも不感症もヘルスケア、つまり、まだちょっと心配かなという段階で専門医に相談していくことが早く解決する方法です。
139502468

 

 

高血圧や糖尿病もED、不感症の原因となります。

高血圧や糖尿病もEDや不感症の原因となります。医師に相談することで、自分では気づかなかったこのような病気を早期で発見できるというメリットもあります。どんな病気でも早期で発見できれば、負担も少なく早く良くなります。もしものことも考えて、早めの受診が大切です。
174545291

 

 

パートナーとの関係もヘルスケアとしてED治療に効果があります。

ヘルスケアとは東洋医学では未病を現します。EDや不感症もパートナーとの関係が良好であれば、勃起しなくなっても医師に相談する前に改善できることもあります。EDや不感症は心理的な原因だけでなく、パートナーとの関係も重要になってきます。
152184350

 

 

EDの治療薬で早漏も改善できるのでしょうか?

EDや不感症と早漏は原因が全く違います。EDや不感症は、ストレスや高血圧などの病気が原因となりますが、早漏は亀頭の敏感さが原因です。ですからEDの治療薬で早漏を改善することは残念ながらできません。早漏は未病という意味でのヘルスケアの範疇ではなく、治療薬を使った治療が必要です。
44802769

 

 

個人輸入のED治療薬は使っても大丈夫でしょうか?

ヘルスケア、治療の観点から言いますと、個人輸入の治療薬はおすすめしません。その多くが模造品であるとともに副作用の心配があります。EDの治療薬は医師の処方箋で入手するのが一番安全ですし、副作用の心配も少なくなります。
38764522

 

 

ED、不感症の治療は医師だけでなくパートナーも一緒に。

EDや不感症をヘルスケアで考えると、最終的には自己治癒力をつけることが大切です。医師と治療薬で治癒のきっかけを作り、パートナーと一緒に後戻りしないように勃起できる自信をつけていくことが大切です。治療薬で勃起できるようになっても、自信がつかなければ後戻りしてしまうことがあります。
209039170

 

 

ED、不感症の治療は日々の健康管理がポイントです。

EDや不感症の治療は、勃起ができるようになったら、ストレスを過度に溜めないようにする日々の健康管理が大切です。また、悩みがあったら1人で抱え込まずにパートナーや信頼できる人に相談するなど、心を軽くするようにしましょう。これがヘルスケアの大切なポイントです。
229292503

 

 

ヘルスケアとは未病の状態で病気を発見し、自己治癒力を高めることです。EDや不感症もパートナーと良好な関係が保たれていれば、深く悩むことなく解決に向かうことができます。今、EDや不感症に悩んでいるのでしたら、まずは医師に相談し、パートナーと一緒に改善していくことをおすすめします。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ