記事制作方針ガイドライン

オヤジこそ牡蠣を食べるべき!精力アップに嬉しい成分がこんなにも…!

  • 2017/05/15
  • ヘルスケア
  • 48view
  • YAZIUP運営
タグ

牡蠣を食べると精力が高まる理由

牡蠣を食べると精力が高まる理由とは?
最近は色んな男性向けサプリメントが販売されていて、手軽に栄養を補給できるようになりましたが、食材そのものから栄養を摂取する努力を怠ってはいけません。
とは言え、男性向けサプリメントでお馴染みのマカや朝鮮人参、すっぽんなどはスーパーで簡単に入手できる食材ではありませんし、飲食店でも滅多にお目にかかれませんよね。
そこで、オススメしたいのが牡蠣です。
牡蠣は旬の時期になればスーパーで安く入手でき、一年を通して取り扱っている飲食店も少なくありません。
セックスに欠かせないと言える成分がたっぷり含まれているので、積極的に食べてここぞという時に力を発揮させましょう!

 

牡蠣にはセックスミネラルがたっぷり

牡蠣にはセックスミネラルがたっぷり含まれています。
牡蠣に含まれている亜鉛は『セックスミネラル』と呼ばれているほど、セックスに不可欠な栄養です。
亜鉛は年齢とともに減少し、亜鉛が不足すると精子の量が減ったり、抜け毛が増えたりと、非モテオヤジへと一直線です。
現代人はタバコ、ストレス、環境ホルモンなどで、精子が少なくなりやすいと言われていますし、インスタントやファストフードなど添加物が多い食事で体内の亜鉛が不足すると、精子の減少に拍車がかかります。
牡蠣などの食材で亜鉛を補いながら、精子を減らす生活習慣にも気を付けたいものです。

 

タウリンがセックスライフをサポート

タウリンはアミノ酸の一種で、充実したセックスライフをサポートしてくれます。
タウリンはアミノ酸の一種で、充実したセックスライフをサポートしてくれます。
まず、タウリンは血液をサラサラにする働きがあるので、ED予防にもってこい!
海綿体に血液をしっかり届けて、ギンギンな状態を維持できるというわけです。
次に、タウリンはエナジードリンクに必ずと言っていいほど配合されているくらい、疲労回復や肝臓機能の改善に力を発揮します。
疲れた体では十分にセックスが楽しめないので、タウリンで臨戦態勢を整えておきましょう。
また、タウリンは亜鉛の消費を抑える働きがあるので、亜鉛とタウリンの両方を摂取できる牡蠣は非常に効率がいい食材と言えます。

 

精力を高めたいなら生食がオススメ

テストステロンという男性ホルモンはセックスホルモンと呼ばれており、テストステロンの分泌が盛んになると精力が高まります。
牡蠣にはそのテストステロンの生成を促進するD-アスパラギン酸とN-メチル-D-アスパラギン酸というアミノ酸が含まれており、アメリカのバリー大学の研究チームは「生の牡蠣を食べると精力が高まる」と報告しています。
D-アスパラギン酸とN-メチル-D-アスパラギン酸は熱に弱い性質なので、生で食べて効率よく精力を高めましょう!
ただし、くれぐれも食あたりには気を付けてくださいね。

 

ギンギンに欠かせないアルギニンも

牡蠣には男性向けサプリメントでお馴染みのアルギニンが含まれています。
牡蠣には男性向けサプリメントでお馴染みのアルギニンが含まれています。
アルギニンは体の中で一酸化窒素を作り出し、血管を拡げて血流を促進してくれるので、海綿体にまでしっかり血液が流れるようになります。

このように牡蠣にはセックスに嬉しい栄養がたっぷり詰まっているので、牡蠣を食事に取り入れてセックスに自信が持てるオヤジを目指してはいかがでしょうか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ