精力がみなぎるツボで元気を瞬間チャージ!

  • 2015/12/17
  • ヘルスケア
  • 483view
  • YAZIUP運営
タグ

手のツボ押しで男のみなぎる精力を取り戻そう

30代、40代の男性が、年齢とともに低下した精力を気にするのはよくある事です。多くの男性にとって、夜の営みが思うようにいかないのは、自信を失う原因と言えるでしょう。
手には男性の精力増強に効果的な2つのツボがあります。まず第一に、人差し指にある商陽というツボです。
人差し指のツメの付け根から2ミリほど下、指の中央と親指側の側面の間にあります。左右の手にそれぞれあり、少し痛みを感じるくらいの力で押すといいでしょう。
第二に、左手の薬指にある三焦経というツボです。ツボの場所は、薬指のツメの付け根から3ミリほど下、手の甲側にあります。
左手の甲を上に向けて、右手の親指と薬指で三焦経を挟み、親指で円を描くように押すのが効果的です。三焦経は左手にしか有りませんので、右手では効果がありません。

87425327

お腹のツボ押しで男のみなぎる精力を取り戻そう

お腹にある関元と大赫というツボが、男性の精力を取り戻すのに役立ちます。体力低下や倦怠感に効く関元の場所は、太極拳や気功で下丹田と呼ばれる位置で、おへそから本人の指4本分下にあります。
おへその上に人差し指をあてた時の薬指と小指の間くらいの位置です。左右の指を揃える形でツボの上に重ね、息を吐きながら弱めの力でゆっくり押すのがポイントです。
次に男性ホルモンの分泌を促進させてくれる大赫ですが、関元から5ミリ外側の左右にあります。人差し指と中指、薬指の3本の指を揃えて、下腹部の脂肪が少しへこむ程度の力で、左右のツボを同時に押します。

279434141

足のツボ押しで男のみなぎる精力を取り戻そう

足には血流を改善してくれる築賓と、健康維持に欠かせない三陰交という2つのツボがあり、男性の精力促進を助けてくれます。築賓は左右のふくらはぎにあり、くるぶしから膝裏の中心までを三分割した時の、くるぶしから3分の1にあたる場所です。
両手でふくらはぎを包み込むように握り、左右の親指を使って下から上に向かって押すのがポイントです。三陰交は内側のくるぶしから指の幅4本分上にあり、ちょうど骨に当たる位置になります。
床に座った状態で親指の腹を使って強めに押しますが、小刻みに押すよりも5秒ほど圧迫してから徐々に圧力を弱めるイメージで戻す、というマッサージを5分ほど続けるのが効果的です。

280310369

どんなに体力に自信がある男性でも、加齢には逆らえません。ですが、仕方がないと諦める前に、若い頃の精力を取り戻すために出来る事があります。
効果的なツボ押しを有効活用して、男性としての自信を取り戻しましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ヘルスケアの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ