その薄毛、AGAじゃないかも知れません

  • 2016/03/29
  • ヘアケア
  • 291view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 薄毛
  • AGA
  • ヘアケア
  • 抜け毛
  • 治療
  • 病院
  • 育毛
  • 脱毛

男性の薄毛といえばAGAというのが相場になっている?

男性の薄毛といえばAGA男性型脱毛症と考える人が多いでしょう。なにしろ、男性のハゲ頭の原因としては8割ともいわれているのがAGAです。しかし、100%ではない以上、他の原因で薄毛になっている可能性もあるわけです。

間違った判断は治療の妨げとなり、いつまでも薄毛が治らないという結果につながります。
その薄毛が本当にAGAかどうかをしっかりと見極める必要があります。

165771308

AGAの特徴的な症状としては、アルファベットのMの字を書くように前の髪が抜けていくものがあります。そのまんまM字ハゲとも呼ばれていますね。また、頭のてっぺんの部分が薄くなるのもAGAの特徴です。

このような、特徴的な症状が出ている場合はAGAと考えても間違いではありません。というより、特に治療などを考えないのであれば、AGAか別の脱毛症かを考える必要がありませんし、間違えても害はありませんね。

問題は、治療をする場合です。専門のお医者さんに診てもらうのであれば、自分の判断が間違っていてもすぐにわかります。しかし、医者へは行かずに薬だけ購入して治そうと思うなら要注意です。

350542367

 

結局は専門医の診察を受けるしかない

円形脱毛症のような誰がみてもハッキリとわかる種類の抜け毛であれば、AGAと間違えることはないでしょう。しかし、現実には神経性脱毛症、びまん性脱毛症、ひこう性脱毛症など様々な種類の脱毛症があります。

各種の脱毛症には、それぞれに特徴はあるものの、素人が特定できるものばかりとは限りません。原因の多くはストレスや血行不良などであり、AGAとは根本的に異なります。もちろん、それ以外の原因もあるので簡単には考えられないものです。

従って、治療して改善を望むのであれば、自己判断で間違った対処は避けるべきです。つまり、専門医の診察を受けて診断をつけてもらう必要があります。

お金の問題や、クリニックが遠いなどの問題があったとしても、最初の診断は専門家に委ねるのが賢明といえます。その結果、自分で改善を図れるものであれば通院の必要はありません。

こんな話をするのも、実際に原因を間違えて損をする話があるからです。AGAに効果がある薬を買ってせっせと使っているのに効果がでない。あまりにも効かないので、思い余って医者に行ったら、その薄毛はAGAではなかったという話です。

174198815

笑い話のようですが、本人には笑えないですよね。

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • AGA
  • ヘアケア
  • 抜け毛
  • 治療
  • 病院
  • 育毛
  • 脱毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ