薄毛・抜け毛に悩む方に勧めるシャンプー方法

  • 2016/02/20
  • ヘアケア
  • 148view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 薄毛
  • シャンプー
  • 育毛
  • 薄毛

まずは肌質のチェックから行うのがポイント

薄毛に悩んでいる場合はシャンプーの選び方から考えるのが重要です。特に、頭皮が乾燥しがちな人は洗浄力が強すぎることが薄毛の原因になっていることもあるのです。

脂が強く出やすい人は洗浄力が強めの物を、乾燥しがちな人は保湿成分が多めの物を使うと効果が出やすくなります。

288504524

 

 

シャンプーの温度は少し熱めの40度くらいが目安になる

シャンプーを落とすときにあまりぬるすぎると頭皮の脂が落ちず、熱過ぎると肌を傷める原因になります。どちらも習慣になっていると薄毛の原因になり得ます。

シャワーは40度程度の温度が良いと言われており、適温を心掛けることが重要です。

299579630

 

 

爪を立てて傷をつけないように気を配りながら汚れをすすぐ

シャンプーで一番最初にするべきなのはすすぎです。シャワーを浴びて髪の表面の汚れを落としていきます。

髪全体を濡らし、すすぎ残しが無いように気をつけます。この際頭皮をひっかいてしまうと傷が出来て、毛根を傷つけることがあります。

薄毛を防ぐためにも傷つけないようにすることが大切です。

299579699

 

 

シャンプーは手で良く泡立ててから髪を洗う

シャンプーをする際は手に取って良く泡立ててから髪を洗います。直接頭につけてしまうと、ムラが出来てしまいます。

泡に汚れを落とす力があるため、良く泡立てることが重要で、泡立たないシャンプーを使っていることが薄毛の原因になっていることもあります。

299579660

 

 

育毛成分が入ったシャンプーはも見込むようにマッサージ

薄毛を防ぐためにも育毛シャンプーを使い、優しく頭皮をマッサージしながら泡を広げていくのがポイントです。洗浄と同時に有効成分をしみこ

ませることができます。

頭皮の血行も髪の成長に重要です。この際も傷つけないように注意しながら洗います。

299579687

 

 

すすぎの残しは毛穴に汚れがたまり、発毛の妨げの原因に

シャンプーが終わったらリンスをつけてよくすすぎます。この際にすすぎ残しがあると、毛穴に汚れがたまり、発毛を邪魔するため、薄毛進行の原因となります。

念入りにすすぎ、リンスのぬめりなどが残らないように感触を確かめながら落としていきます。

301897250

 

 

頭皮をしっかり乾かさないと、雑菌の繁殖の原因に

シャンプーのあとのドライヤーも重要です。髪に水分が残っていると、雑菌が繁殖し、薄毛が進んでしまうこともあります。

また、頭皮の冷えは育毛も妨げてしまいます。育毛の観点からもドライヤーで髪をしっかりと乾かすことが重要です。

育毛剤を使う時も乾かしてから使うのがポイントです。

80685043

 

 

薄毛を防ぐためのシャンプーは、湯温やシャンプーの質から気を配る必要があります。頭皮に傷をつけたり、洗いムラも悪影響を与えてしまいます。

髪はしっかりとすすいでドライヤーで乾燥させることも重要で、頭皮を冷やさないようにすることも大切なのです。

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • シャンプー
  • 育毛
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ