あ!あのときもう始まってたのか!頭ツルツルの先輩がそっと教えるホントの薄毛注意報

  • 2016/02/10
  • ヘアケア
  • 221view
  • のりき 夢丸
タグ
  • 薄毛
  • おしゃれ
  • 抜け毛
  • 薄毛

それはもはや序盤戦ではない

風呂場でゴッソリ毛が抜けた、人の視線が自分の頭に集まる気がする……
これらは薄毛に悩む人共通の現象としてよく知られているが、経験者から言わせてもらえば、実はこのときすでにその人は「薄毛との戦い〜中盤戦〜」を迎えてしまっている。
つまり対策を立てる時期としては「遅い」のだ。
ではもっと早くから気がつくべき怖い髪の変化とは、いったいどんなものなのか。

198054098

 

 

セットが決まらなくなった?

例えば今までビシッと立たせ気味に毎朝セットしていた人が、「このごろなんだか立たなくなってきた」「夕方頃になると頭にボリュームがない」と感じてはいないだろうか。
たいして外にも出ていないのに、一日の中でも髪型がすぐに変化することに気がついたら、少し様子を見てみよう。
またその変化に対応したつもりで、以前と違うヘアスタイルを目指すようになったら、それはもはや第2段階に進んでしまったと言ってもよい。
これに関連して「朝に寝ぐせがつかなくなった」という現象も要注意。

 

 

顔が少し大きくなった?

ふと鏡の前に立ったら、なんだか顔と髪の面積のバランスがとれていない気がする……。
「あれ、ちょっと顔丸くなったかな」
仕方なくそのまま出掛けたら、外出先で会った人からも「最近太った?」と聞かれてしまった。
人間の目がアンバランスさを見分ける能力は、決して侮れない。
1人がそう感じたら、他にも10人はそう感じる人がいる。
これは太ったのではない。間違いなく、髪がやせてきている証拠だ。

 

 

天然パーマなのに、まっすぐな抜け毛を見つけた!

これは天然パーマ派限定だが、あんなに強くて困っていた天然パーマだったのに、ふとある日抜け毛の中に、それまで見たこともないようなきれいなストレート髪が混じっていたら要注意。
その抜けたストレート髪は、見た目弱々しい抜け毛というわけではない。
それが「まだ大丈夫」と騙される一因でもあるのだが、自分のもともと持っているタイプと全く異なる抜け毛を見つけたら、髪質に変化が襲ってきた可能性あり。

 

 

帽子が気持ちよくてしょうがない

336749360

オシャレをするようになって、あるいは思い出したように久しぶりに帽子をかぶってみたら、「ん、冬は暖かくて気持ちいいな」「あー暑かった。やっぱり夏の日差しは強いね」といったふうに、あらためて帽子を心地よく感じることがある。
もちろんこれも要注意。頭は固そうに見えて、かなり敏感に気温の変化を感じる場所。
「感じやすい」イコール「髪が少しずつ……」という可能性も。
また「帽子を脱ぐとヒンヤリ風が心地よい」というのも危ない。

このあと手鏡で頭頂部をのぞき見してしまったあなた……気を引き締めて、早めの対策を立てましょう。

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • おしゃれ
  • 抜け毛
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ