薄毛改善のためにシャンプー!その正しい髪の洗い方を紹介!

  • 2016/01/21
  • ヘアケア
  • 147view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 薄毛
  • シャンプー
  • 薄毛

 

早めに気がつきたい

20代から進行し始める薄毛ですが、30代で気づき薄毛改善に努力をおこなえば、将来的に薄毛で悩む可能性は低くなるのは間違いありません。

しかし、良かれと思って頑張る育毛の活動が間違っていたら、薄毛が進行してしまいます。

今回は、髪の洗い方について、正しい髪の洗い方をしているのか紹介をします。

育毛関係は様々な説がありますので、参考の1つにしてください。

258089624

 

 

薄毛対策のシャンプー事前準備

髪の毛を洗う際に、シャンプーをいきなりつけて洗うのではなく、事前にぬるま湯ですすぎながら手ぐしで髪や頭皮についた汚れを落とします。

シャンプーをつけるときも、まずは手の平でシャンプーを泡立ててから、頭へと付けます。

188704478

 

 

頭の洗い方

頭の洗い方は、爪を立ててはいけません。指の腹でマッサージをするようにゆっくりと地肌を洗います。

この際の洗い方は下から上へと洗うようにしましょう。つまり、後頭部の生え際や襟足、耳の上のこめかみから、つむじへと洗い上げていくのです。

昔、育毛剤のCMの中には、激しくかきむしるように洗うものがありましたが、現在はあの洗い方はよくないとされています。

優しく洗い上げましょう。

103504589

 

 

すすぎ方

こちらも頭の洗い方と同じで、下から上へとすすいでいくようにしましょう。髪の毛が伸びる方向と逆方向にすすぐというイメージです。

シャンプーの泡が残ったままですと、頭皮のストレスやかぶれの原因になりますので、すすぎは丁寧にしっかりとおこなうようにしましょう。

 

リンス&コンディショナー

髪の毛を保護し、潤いを与えるリンスとコンディショナーも、育毛を考えるのであれば、重要になります。面倒くさがらずにしっかりと使いましょう。

 

ドライヤーの使い方

髪の毛は自然乾燥の方がいいのですが、タオルでしっかりと水をとらなければ、頭皮に残った水分に雑菌が繁殖し悪臭や頭皮ストレスの原因となります。

そして、ドライヤーを使うときですが熱風で髪の毛を痛めてしまわないように、熱風を一点集中させるのではなく、頭から離して使用しましょう。

低い温度で自然乾燥のように、ゆっくりと時間をかけて髪の毛を乾かします。

206607298

 

 

 

シャンプーは毎日した方がいいのか?

これは皮脂の関係で個人差がありますが、皮脂の量が多い場合は小まめに洗った方がいいでしょう。

ただ、頻繁に洗ってしまいますと今度は皮脂の量が少なくなってしまい、頭が乾燥し、痛みやすくなります。

その為、休日は頭皮を休ませるためにシャンプーをしない、といった風に頭皮を休める日を作ると、薄毛予防になります。

317197646

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • シャンプー
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ