記事制作方針ガイドライン

あり?なし?オヤジのスキンヘッド

  • 2017/06/05
  • ヘアケア
  • 281view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 薄毛
  • オヤジ
  • ハゲ
  • ファッション
  • ヘアケア
  • 女性ウケ
  • 薄毛

スキンヘッドは女性の好感度が高い?

オヤジ世代になって頭髪が寂しくなってくると見た目が気になるし、髪型を作るのも一苦労です。いっそお坊さんのようにツルツルのスキンヘッドにすれば楽だろうと考えるかもしれません。

確かにスキンヘッドにすれば、出勤前に時間をかけてセットしたり、こまめに散髪したりする必要が無くなります。一方で良くも悪くも目立つし、やっぱり気にいらないからと言って元の髪型に戻すのは困難です。

やはりオヤジにとって最も気になるのは女性の反応です。ある調査では7割以上がOKと、NGを大きく上回りました。スキンヘッドが好きだという女性もいれば、薄毛を無理に隠すよりずっと清潔感があって好感を持てるという意見もあります。すだれやバーコード状になっても髪の毛に執着するのは却って見苦しいというわけです。

もう1つ、仕事での反応も気になります。職種によってはスキンヘッドを好ましく思われない場合があるからです。例えば接客業や営業など誰かと接する機会が多いなら、実行する前に上司に相談しておいた方が無難です。ほとんどの人は最初こそ驚きますが、すぐに慣れてくれます。大事なのは中身であり、スキンヘッドでいることではありません。あまり深刻になる必要はないでしょう。

スキンヘッドが好きだという女性もいれば、薄毛を無理に隠すよりずっと清潔感があって好感を持てるという意見もあります。

 

スキンヘッドになるためのステップ

初めてスキンヘッドにする時は、まずバリカンを使って限りなく髪の毛を短くします。メーカーにもよりますが、アタッチメントを付けない状態で0.5mmまで短くできます。3,000~6,000円くらいで入手できますが、ヘアサロンでお願いしても良いでしょう。

ただし、これだけではまだ不十分です。さらにカミソリや電気シェーバーで残っている毛を剃っていきます。刃の枚数が多く、ヘッドが柔軟に頭にフィットするタイプがおすすめです。

頭頂部や後頭部は直接見られないので、慣れないうちは電気シェーバーを使った方が確実に剃れるでしょう。新品で切れ味が良いほど安全に剃れます。できればヒゲ剃りと同じように剃る前はシェービングクリーム、剃った後はアフターシェーブローションをつけて頭皮を保護しましょう。

一度スキンヘッドにすると、維持するには毎日同じように手入れをしなければいけません。特に薄毛の場合は少し伸びただけで、髪の毛が生えていた部分とそうでない部分が丸分かりになってしまいます。朝のヒゲ剃りついでに一緒に剃るのが簡単です。洗う時は頭皮のことも考えてシャンプーを使った方が良いでしょう。

一度スキンヘッドにすると、維持するには毎日同じように手入れをしなければいけません。

 

スキンヘッドのファッションアイテム

スキンヘッドにしたら用意したいのが「帽子」です。髪の毛がない頭皮は無防備で、外部のあらゆる刺激を受けてしまいます。特に気をつけたいのは紫外線です。老化を早める原因になります。仕事の都合で帽子を被れない時は日焼け止めで保護します。

帽子はスキンヘッドのファッションアイテムにもなります。簡単に合わせられて頭の形を隠しやすいのはニット帽です。つば広の中折れ帽(ソフトハット)にするとおしゃれ度が上がります。野球帽は子供っぽく見えてオヤジにはきついかもしれません。せめて頂点がフラットなワークキャップにしましょう。

スキンヘッドにしたら用意したいのが「帽子」です。
髪の毛がない分、顔に何らかのアクセントをつけたいのであればメガネが最適です。フレームは黒で角形を選ぶと知的で柔らかい印象を与えます。仕事でヒゲを生やせないオヤジでも簡単に取り入れられるでしょう。

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • オヤジ
  • ハゲ
  • ファッション
  • ヘアケア
  • 女性ウケ
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    ロットンダゴールドブーストパック

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ