男性ホルモンが増えるとハゲるって本当なのか

  • 2015/12/22
  • ヘアケア
  • 222view
  • YAZIUP運営
タグ

男性ホルモンが増えるとハゲるという噂の原因について考えよう

確かに、男性ホルモンに含まれるテストステロンという成分には、人間のあらゆる体毛を成長させる役割があります。これが、男性ホルモンの増加がハゲにつながるという噂の原因でしょう。

131019761

男性ホルモンの分泌が活発な年齢について考えよう

男性の一生で一番男性ホルモンが活発な年齢は、思春期から20代後半までという調査結果が出ています。30代から加齢による緩やかな減少が始まり、変化が著しくなるのが40代で、男性の更年期と時期が重なります。

80165944

男性ホルモンの活発時期と鎮静時期を比較しよう

噂が本当なら、男性ホルモンが一番活発な年代が最もハゲると言えますが、もちろん事実は異なります。男性ホルモンが沈静化している40代や50代の男性こそが、頭髪のハゲに最も悩んでいる年代です。

265829126

5a還元酵素が男性ホルモンに及ぼす影響について考えよう

血中に含まれる5a還元酵素には、体毛を成長させているテストステロンをジヒロテストステロンに作り変える力があります。このジヒロテストステロンは、男性ホルモンの中でも悪玉ホルモンに分類されます。

65084017

ジヒロテストステロンが毛髪に及ぼす影響について考えよう

悪玉ホルモンであるジヒロテストステロンの体内濃度が高くなると、毛根を包んでいる毛嚢を弱体化させてしまいます。その結果、元気だった毛髪が抜け落ちてハゲてしまうのです。

237183451

テストステロンと5a還元酵素の比率について考えよう

テストステロンと5a還元酵素は、どちらも人間にとって必要な要素です。ただ掛け合わせのバランスが重要で、どちらか片方だけが大幅に増えるとジヒロテストステロンの量が基準値を超えてしまいます。

180052262

男性ホルモンが増えるとハゲるという噂が本当なのか結論を出そう

男性ホルモンであるテストステロンが大量に増えると、5a還元酵素とのバランスが崩れ、ジヒロテストステロンが作られます。ですが、あくまでバランスの問題なので、男性ホルモンが直接原因とは言えません。

77121406

男性がハゲてしまう原因を一つに絞るのは困難です。なぜなら、ストレスや遺伝的要素、生活習慣などハゲの原因には個人差があるからです。
ハゲの原因とは、男性ホルモンのバランスだけではなく、複合的な要素が絡み合った結果だと言えるでしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ