YAZIUP CLUB会員募集中

薄毛の原因や対策になる食事を知っておこう

  • 2016/12/20
  • ヘアケア
  • 132view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 薄毛
  • ハゲ
  • ヘアケア
  • 原因
  • 対策
  • 生活習慣
  • 薄毛

どうして薄毛になるのか?

518725339
薄毛になる原因は男性ホルモンやストレス、遺伝的要素や生活習慣などが挙げられます。
男性ホルモンのジヒドロテストステロンは皮脂を過剰に分泌させる働きがあります。
このホルモンが分泌されることによって皮脂が毛穴を塞いでしまい、頭皮環境を悪くすることで薄毛になってしまうのです。
遺伝的要素は薄毛に大きく関係しているとされています。
遺伝によって薄毛になりやすい体質を受け継いでしまいます。
親が薄毛の場合は気を付けておく必要があります。
ストレスを溜め過ぎると自律神経やホルモンバランスが乱れてしまい血流が悪くなります。
そうすると、毛根に十分な栄養分を運べなくなって抜け毛が増えてしまうのです。
生活習慣が原因になるのは、飲み過ぎや食べ過ぎ、不規則な生活や喫煙などが原因になります。
また、頭皮のヘアケアを怠ることでも薄毛になる可能性が高まってしまいます。
シャンプーをしなかったり、逆にシャンプーのし過ぎで頭皮を傷めることもあります。
それに、パーマやヘアカラーは頭皮に過度な刺激を与えてしまいますので、なるべく避けたほうが良いでしょう。

 

薄毛対策になる食事

447222079
薄毛対策になる食事は納豆、生牡蠣、高野豆腐、レバーなどです。
納豆には髪の毛に重要となるタンパク質が豊富に含まれていますし、大豆に多く含まれるイソフラボンは男性ホルモンのテストステロンの分泌を抑える働きがあります。
また、新陳代謝を促すビタミンB2も含まれていますので、薄毛に大きく関わる頭皮環境を整えてくれます。
それに、血液サラサラ効果があるナットウキナーゼも含まれていますので、頭皮の血行が良くなって薄毛対策になるのです。
生牡蠣には薄毛対策に欠かせない亜鉛が豊富に含まれています。
亜鉛が不足するとタンパク質が上手く生成されなくなって薄毛に至ってしまうこともあります。
他にも牛肉や魚介類など亜鉛を摂取できる食事はありますが、生牡蠣は最も多く亜鉛が含まれていますので効率よく摂取することができるのです。
高野豆腐にはタンパク質や亜鉛の他に、イソフラボンやビタミンEなどの栄養がたくさん含まれています。
レバーには皮脂の分泌を抑えるビタミンB2や頭皮の環境を保つビタミンAなどが含まれています。

 

薄毛になりやすい食べ物に気を付けよう

173904929
薄毛になりやすい食べ物は塩分や糖分を多く含んでいる物や刺激の強い食べ物が挙げられます。
塩分を摂取し過ぎると高血圧や腎臓機能の低下に繋がり、それによって血流を悪くさせて頭皮に悪影響を及ぼすのです。
糖分を摂取し過ぎると皮脂が過剰に分泌されてフケが増えてしまい、そのフケが原因になって抜け毛が増えて薄毛に至ってしまいます。
刺激が強い食べ物は血行が良くなりすぎて汗を過剰に分泌させてしまいます。
その汗が頭皮を脂っぽくさせたり毛穴を塞いでしまうことがあります。
この他には飲み物としてアルコールが挙げられます。
アルコールを摂取し過ぎるとタンパク質を作り出す肝臓の機能が低下したり血行を悪くしたりします。
こうした食べ物や飲み物に気を付けながら薄毛対策してみてください。

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • ハゲ
  • ヘアケア
  • 原因
  • 対策
  • 生活習慣
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ