記事制作方針ガイドライン

結局ハゲは防ぐことができるの?

  • 2016/12/17
  • ヘアケア
  • 616view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 薄毛
  • ハゲ
  • 予防
  • 対策
  • 生活習慣
  • 男性
  • 男性ホルモン
  • 薄毛

男性の薄毛率は年々上がっている?

カツラメーカーの調査では、成人男性の薄毛率は20%以上ということです。これは5人に一人が薄毛に悩んでいるということですが、この成人男性というのがミソでおそらく30代以降、さらに40代以降になったら薄毛率は上がっていくことでしょう。

俗説では、牛に頭を舐められたら毛が生えてくるなんてスケールの大きな増毛法もあるようですが、ここまで騒がれるということ自体それだけ悩んでいる30代男が多いということになります。それでも牛に舐められたり、象の糞を塗ってでも増毛したいという思いの一途さは半端ではありません。

302817800

 

なぜハゲるのか?

残念ながらそのメカニズムははっきりとは解明されていないようです。
それでも、諸悪の根源といわれているのが男性ホルモン(テストステロン)ということです。
このテストステロンの分泌が多いと髪の毛の成長が阻害されるというのです。
男性ホルモンが多いとハゲやすいのだったら世の男性はハゲとは常に背中合わせということになります。

 

なぜ髪の毛の成長だけ阻害するの?

それではなぜテストステロンは30代男のあちこちに存在する毛の中で髪の毛の成長だけを阻害するのでしょうか。
このテストステロンが多いと髭は伸び放題、胸毛は伸び放題となるのは誰もが経験していることです。
有力な説となっているのが細胞の感受性の問題では?ということで敏感な部分からハゲる・・というなんとも曖昧なものなのです。
それでは前頭部と頭頂部が敏感で側頭部は鈍感なためにハゲないということなのでしょう。
他にも栄養の問題だとかストレスの問題だとか30代男にはいろいろあります。
それだけわかっていないということがこれだけでもよくわかります。

155775911

 

ハゲの特効薬というのがたくさん出ていますが・・

たくさんの育毛剤が華々しくデビューしていますが、たくさん出ているということは特効薬が出ていないのとイコールということですね。
年齢を重ねればどんな細胞も老化します。男性型脱毛症はそれが早くやってくるというところが問題なのでしょう。

 

食事の面から考えてみると

とにかく脂肪の取り過ぎには気をつけるようにしましょう。抜け毛の大きな原因とされているのが頭皮の皮脂腺の肥大ですが、脂っこいモノを食べ過ぎると起こりやすいのです。
ハゲの人がこころなしか脂ぎって見えるのは雰囲気だけではないということです。
本来日本人は脂っこい食事とは無縁の食生活を送ってきました。それが西洋人よりもハゲが少ないとされてきたのですが、逆に西洋人よりも日本人のほうが薄毛率は高いのでは、というくらいになりましたから食生活が欧米化されたということなのでしょう。

 

悪あがきをしないこと

ハゲはナエやデブよりも取り返しがつかなくなる恐れが高いです。
ハゲない対策とともにハゲたときの心構えも必要でしょう。現実をそのまま受け止められる人は問題ありません。
そうでなければ、相手の意識を自分の頭部からそらすことを考えます。
皿を舐めるような、ご飯を書き込むような食べ方は頭頂部を相手にさらすことになります。
だらしないファッションでは投げやりな印象を相手にあたえます。

413779999

髪がふさふさだった時代にこだわらずに、残された髪をスッキリと短めにして、姿勢を良くすること、そして小綺麗なトラッドで決めればハゲを相手の視線からそらせることができるかもしれません。

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • ハゲ
  • 予防
  • 対策
  • 生活習慣
  • 男性
  • 男性ホルモン
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ