若くてハゲる3つの原因は実はコレだった!

  • 2016/06/21
  • ヘアケア
  • 200view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 薄毛
  • AGA
  • シャンプー
  • タバコ
  • ヘアケア
  • 生活習慣
  • 男性ホルモン
  • 薄毛

ハゲは男性ホルモンが強過ぎると言われていますが

282622313

女性でも髪は薄くはなりますが、男性のように見事にハゲる事はありません。
この差は、ホルモンの違いにあります。
男性ホルモンは、髪の毛を髭に変えてしまう作用があるのです。
ですから、ハゲは男らしさの象徴とも言えなくもないのです。
しかし、現実にそう捉えて前向きに生きている人は少ないものです。
20代なのにハゲていては、状態によってはどう見ても40代くらいに見られがちです。
これでは、メンタルにも良い影響はあるはずもないのです。
と言って、せっかくの大事な男性ホルモンを減らす治療など聞いたこともありません。
まずは、もっと他の原因を探って該当があれば、改める事でしょう。

 

 

シャンプーのし過ぎ

73485184

毎日のようにシャンプーをするのは清潔で良いのですが、必要以上にゴシゴシ洗うと毛根を傷めるだけです。
1日1回がシャンプーの限度です。1回でも2度洗いなどはもっての外です。
一時、朝シャンなどが流行った頃もありましたが、まずありえません。
洗い方も爪を立てたりしては皮膚が傷付いて毛根を傷めるだけです。
またシャンプーをたっぷり手に取って泡だらけにして洗っても、毛根にシャワーの成分が残りがちなってしまいます。
少量でさらりと流してしまい、むしろすすぎの方をしっかりするようにしましょう。
シャンプーも天然成分を意識して選んだ方が効果があります。
シャンプー後のドライヤーも大切です。
ドライヤーは髪を傷めるからとなるべくしない方もいます。
特に夏場等はそのままにしても自然に乾いてしまいます。
ですが、短い間でも湿っていると雑菌が繁殖してしまうのです。

 

 

喫煙、飲酒、ジャンクフードの摂り過ぎ

69451606

タバコは血行を妨げます。
これにより頭皮の毛細血管への栄養の供給に支障が出ている場合があります。
酒好きの中年男性には、ハゲもしくは髪の薄いケースが良く見られる場合もあります。
分解しきれなかったアルコールは、アセトアルデヒドのまま体の機能を損ねていると言われます。
これは毛根の働きをも阻害する物質を増加させているのです。
ジャンクフードも手軽で便利ですが、依存し過ぎるとカロリーばかり摂り入れる事になります。
揚げ物などは脂分を過剰に摂取してしまいがちになります。
余分な脂分は毛穴を塞ぐ原因にもなるのです。
またすぐにお腹いっぱいになりますので、髪に必要な栄養素は不足しがちになるのです。
髪の成分となるたんぱく質、ミネラルは欠かせません。

 

 

いろいろケアし過ぎ

81907615

若い人は、髪が少し薄くなっただけで過剰に気にしがちです。
そこで気になる部分に、増毛クリームなどをひたすら塗り込んだりする場合もあります。
これは、毛穴に過剰なまでの脂分が詰まってしまうだけだったりするのです。
余計なケアが、ハゲをますます促進させている事があるのです。
そもそもハゲ対策をする事自体が、ストレスになっていたりもします。
このストレスは、さらにハゲを促進させてしまうのです。
あまり気にせずに自然にできる対策をしていきましょう。
結果も自然にしか付いてくれないものなのです。

この記事につけられたタグ

  • 薄毛
  • AGA
  • シャンプー
  • タバコ
  • ヘアケア
  • 生活習慣
  • 男性ホルモン
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ