記事制作方針ガイドライン

飲む育毛剤の危険性

  • 2016/01/12
  • ヘアケア
  • 109view
  • YAZIUP運営
タグ

育毛剤について少し考えてみましょう

男性型脱毛症(AGA)は特に中高年に差し掛かると大きな悩みの種になります。髪の毛があるのとないのでは、やはり世界が違ってしまいます。何としても抜け毛、薄毛を防ぎたいと思うのは男性の本心だとは思いますが、どんな人にでも確実に効果がある育毛剤は存在しないのもまた現実です。

160743440

 

 

塗る育毛剤と飲む育毛剤

育毛剤には実は2種類存在します。一般的によく知られているのは頭皮に薬を書ける「塗る」タイプのものですが、実は薬を服用することによって抜け毛を防止する「飲む」タイプのものも存在しています。

 

①塗るタイプの育毛剤

こちらははっきり言うと効果はそれほどでもないです。「塗らないよりもまし」程度と考えてください。塗るタイプの育毛剤は頭皮に栄養を与えて、毛根を刺激し、髪が生えやすい環境を作ります。

それ自体はとても良いことなのですが、そもそもAGAの原因は男性ホルモンの暴走によって、髪が抜ける→生える、のサイクルがおかしくなってしまっていることに起因しますから、そこを何とかしない限り所詮対処療法に過ぎません。副作用もあまりないですが、特段の効果もあまり期待できません。

 

②飲むタイプの育毛剤

薬局では買うことができず、医師の処方or危険を承知で国外から個人輸入することになります。これは簡単に言うと、ホルモンバランスをいじって、男性ホルモンの暴走を抑えようとするものです。直接AGAの原因に触れるので、効けば効果は絶大です。

 

 

飲む育毛剤の危険な副作用

99373574

これだけ効果が絶大な「飲む育毛剤」ですが問題は副作用です。ホルモンをいじるということは単に髪の毛だけに影響を与えるわけではありません。男性ホルモン全体のバランスが大きくおかしくなる可能性があります。薄毛でもその人の中ではバランスが取れていた男性ホルモンを抑制するので、以下のような副作用が出ます。

 

・性機能障害(性欲減退、勃起しなくなる、射精できない)

 

・頭痛、吐き気

 

・自律神経失調症

 

など

日常生活に大きな支障が出る可能性があります。ホルモンバランスがおかしくなると場合によってはそこからうつ病などのメンタル疾患を導いてしまう可能性があり、安易に服用することは危険であると考えてください。

飲む育毛剤は「ハイリスクハイリターン」です。もし、服用を考えている方がいれば、必ず医師に相談しそのアドバイスの下で実行してください。個人輸入などをすると何かあったときに取り返しがつかないことになってしまいます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ