生え際と頭頂部では育毛方法が違う!? ハゲ方と育毛方法

  • 2016/06/17
  • ヘアケア
  • 101view
  • YAZIUP運営
タグ
  • 育毛
  • AGA
  • 抜け毛
  • 生活習慣
  • 育毛
  • 育毛剤
  • 薄毛

生え際と頭頂部の育毛法は異なる!

209351674

現在は、男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、進行性の病気とされています。AGAになる原因の多くが遺伝です。AGAは遺伝するのです。
特に母の家系が毛には関係あるといわれています。母親の家系にAGAの方がいますと生え際が後退していくタイプの薄毛のなり方をしていきます。

しかし、母親の家系、父親の家系、双方にAGAの方がいなくても頭が薄くなるというケースもあります。
この場合は、遺伝が原因よりも生活習慣が原因となり、生活習慣が原因の薄毛というのは、頭頂部から薄くなる傾向が強くなります。
そして、生え際と頭頂部の育毛方法は異なってくるのです! 同じような育毛方法では手遅れになるというケースもあります。

 

生え際の育毛方法

356656367

生え際の育毛方法ですが、これはAGA治療薬であるプロペシアに含まれている、フィナステリドを体内へ入れて、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの量を増やさないということが何よりも大切になってきます。
プロペシアを服用しつつ、育毛効果のある栄養を摂取するということが理想的です。

 

頭頂部の育毛方法

164800958

頭頂部の育毛方法ですが、基本はAGA治療薬の服用が必要です。ただ、頭頂部に関してはAGA治療薬を飲んでも現状の維持かAGAの進行を遅らせる程度の働きしかありません。
頭頂部の薄毛は、頭頂部の毛根まで栄養がいきわたっていない可能性がきわめて高いので、育毛剤の使用をお勧めします。
ミノキシジル配合の育毛剤ならば血管の拡張機能がありますので、運動不足や喫煙によって血管が小さくなっている方の頭頂部にも血液を送りやすくなります。育毛剤とあわせて頭皮マッサージをすることで血行をさらに良くすると、髪の毛が次第に太くなっていきます。
また、生活習慣の見直しというのも重要になってきます。生活習慣の乱れ、特に睡眠不足、栄養の偏り、運動不足の3種類が原因で頭が薄くなっている可能性があります。
特に、食生活には注意をして、適度な運動と適度な睡眠を心がけることで、太くコシのある髪の毛が生えてきます。

この記事につけられたタグ

  • 育毛
  • AGA
  • 抜け毛
  • 生活習慣
  • 育毛
  • 育毛剤
  • 薄毛

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ