記事制作方針ガイドライン

筋肉フレンドリーなスイーツはコレ!甘~く筋肉を育てましょ♪

  • 2017/04/16
  • グルメ
  • 66view
  • 加藤薩樹
タグ

筋肉オヤジだって甘い物は好き!

筋トレしてる、体を鍛えてるって言うとどうしても他人からは「肉ばっか食ってる」なんて偏ったイメージを持たれてしまいますよね。しかし!実際のトレーニーには甘い物が大好きという人も多いのです。かくいう私も和菓子、洋菓子、駄菓子なんだって大好きですからね。

トレーニーだって甘い物が好き

そこで今回は筋肉に優しく脂肪に厳しい、超トレーニー向きのスイーツをご紹介したいと思います。おそらく多くの方が「え?!あのお菓子ってそんなに良かったの?!」と驚くはず!絶対覚えておくべき筋肉知識をシェアさせて頂きます!

 

一番手軽な筋肉系お菓子はグミ?!

トレーニー向けのお菓子・スイーツも最近ではかなり多くの商品が出回っています。品質や値段もピンからキリまであり、よくよく成分表をチェックすればかなり高機能な物を食べることもできます。海外製も含めれば相当美味しいプロテインバー(BSN製等)もありますしね。

ただ、今回敢えてオススメさせて頂きたいのは「グミ」です。グミ。皆さんご存知ですよね。あの弾力のあるゼリーのような昔からある超オーソドックスなお菓子。あのグミです。

このグミ、実はタンパク質の量がなかなか豊富なんです。しかも脂質はほぼゼロ。糖質とタンパク質のみで作られているという極めて筋肉にフレンドリーなお菓子なんです。

一番手軽な筋肉系お菓子

ではグミはどうしてタンパク質が豊富なのかというと、グミにはゼラチンが多く使われているんですね。ゼラチンというのは牛や豚などから抽出されたタンパク質の一種で、常温では固体なのですが一旦お湯に入れるとすぐ溶け、そしてまたすぐ固めることができるという特殊な性質を持っています。しかも無味無臭無色なのでお菓子にもよく使われているというわけなんです。

グミは安いですし歯ごたえがありますから「食べた感」も強く減量中にもオススメです。ただひとつだけ気をつけて頂きたいのは、このグミ(ゼラチン)には必須アミノ酸の一つである「トリプトファン」がほとんど含まれていないという点。ですから、グミ単体では筋肉をガンガン増やすことはできません。

 

グミと相性の良い食べ物とは?

トリプトファンが無いならグミなんか役に立たない!そう考えるのは早計というものです。「無いなら足す」、つまりグミと一緒にトリプトファンが豊富な食べ物をプラスしてあげれば良いのです。

トリプトファンはそもそもそれほど多く必要となるアミノ酸ではありません。それに植物性の食品の中にもそれなりに含まれており、摂取が難しいアミノ酸でもないのです。

例えば、パンにもトリプトファンは含まれていますしもちろん肉類にも含まれています。大豆系の食品にも含まれているのです。ですから、食べるタイミングさえ間違えなければグミはどんどん食べた方がいいのです。

トリプトファンが豊富な食べ物

もちろんゼラチンを自分で料理に使ってもいいですよ。ゼラチンはネット通販などで1gあたり2円~3円程で買うことができます。鍋で溶かし、ゼロカロリーのドリンクでも混ぜれば簡単にマッスルゼリーを作ることもできます。

意外と筋肉に美味しい素材「ゼラチン」、そしてグミ!知らなかった人も多いと思いますがこれからはガンガン活用してあげてくださいね。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

加藤薩樹
加藤薩樹
フィットネス関連の記事をメインに執筆させて頂いております加藤と申します。トレーニングテクニックやサプリメント等々、全て自分で実践しハッキリと効果を体感できた情報だけを皆様とシェアしていきたいと考えております。 体が変われば心まで変わります。そしてハッキリ言ってモテるようになります!私の記事が皆様の充実したオヤジライフの一助となれば幸いです。宜しくお願い致します。
記事制作方針ガイドライン
up 加藤薩樹
加藤薩樹

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ