喧嘩は酔っぱらいだけでなし。甘党が「キレる」瞬間がある

  • 2016/07/06
  • グルメ
  • 89view
  • YAZIUP運営
タグ
  • スイーツ
  • スイーツ
  • 健康管理
  • 食べ物
  • 食事
  • 食品
  • 飲み屋

甘いもので喧嘩になる?

酒場には、喧嘩がつきものです。ちょっとした言葉尻から言い合いになり、大声で怒鳴り合う。それをどううまくおさめるかが、酒場の店主の腕の見せどころです。酔っ払った男たちの頭をどう冷やすかは、だだっ子をあやすより難しそうですが、それを簡単にこなしてみせるのが、酒場の店主というものです。
ところが、同じようなことが、アルコール抜きの甘いもの屋でも起こり得るんですよ。

384978976

 

 

血糖値が急上昇すると、人はキレる

どういうことかというと、甘いものの摂り方と関係があります。いちばん危ないのは、腹ぺこの空腹時に甘いものを摂ることです。
甘いものには、砂糖などの炭水化物がたっぷり含まれています。炭水化物を多く含むものを空腹時に食べると、血糖値が一気に上昇します。すると、人間の体には血糖値を正常に保とうとするはたらきがありますから、血糖値は次には急激に下がり始めます。このとき、人はイライラしやすくなり、場合によっては「キレる」ことがあるのです。

60982897

 

 

腹ぺこのときにケーキを食べてはいけません

ことは、それだけではすみません。甘いものを食べて血糖値が急上昇し、体が反応して急降下すると、人はさらに甘いものを欲します。飲んべえがも「もう1杯、もう1杯」と酒を欲しがるように、甘いものも尾を引き、甘いものが甘いものを呼び込みます。いくら甘党でもさすがにそうたくさんは食べられないでしょうが、ケーキ2つといえども甘く見てはいけません。イライラは激しくつのります。
習慣化すると、「低血糖症候群」という症状を招き、結果、体を壊すこともあります。

45951019

 

 

甘いものは「食後に少量」が原則

「疲れているときは、甘いものを摂るといい」とよく言われます。甘いものが疲労回復に役立つのは事実です。
ただし、これも時と場合によりけり。空っぽの胃の中に炭水化物を放り込むと逆効果。心理的には、かえって疲れがひどくなりかねません。
それを避けるためには、要はタイミング。食事のスタートに甘いデザート、なんてのはダメ。甘いものを摂るのは、食後がベストです。それも、大量ではなく、少量に抑えるのがコツ。

下戸で甘党のアラフォー氏よ、ご注意めされよ。

この記事につけられたタグ

  • スイーツ
  • スイーツ
  • 健康管理
  • 食べ物
  • 食事
  • 食品
  • 飲み屋

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ