知らなきゃ恥ずかしい、ミシュランガイドの3つのマークの見方

  • 2016/01/16
  • グルメ
  • 731view
  • YAZIUP運営
タグ

知っておきましょう

日本のみならず、世界各地でおいしいレストランを探す際に役立つ本といえば、赤い表紙が目印の「ミシュランガイド」ですよね。
日本版も発売されてから久しいですが、だいぶ認知度も上がってきました。
そこでここでは、知らなきゃちょっと恥ずかしい、ミシュランガイドの見方を紹介します。

 

 

なんといっても注目は「星」!

ミシュランガイド最大の注目ポイントといえば、星でしょう。
ミシュランガイドの星の意味は、レストランの味を評価するものです。
毎年新しいミシュランガイドが発売されるたびに、今年はどんな飲食店が星を獲得したのか、気になりますよね。
とはいえ、ミシュランガイドに記載されている星マークはわれわれがイメージしている「星」ではなく、「*」(アステリスク)です。
知っての通り最高峰は「***」(味わうためだけに訪れるべき)で、その次が「**」(遠回りしても訪れるべき)、その次が「*」(そのカテゴリーで美味しい料理)となっております。
ミシュランガイドに掲載されていても星がないレストランもありますが、掲載されるだけでも大変な名誉です。
158090687

 

 

雰囲気を評価するナイフフォークマーク

レストランで最も重要なのは味であるのは言うまでもありませんが、それではあまりにも味気ないです。
レストランは雰囲気も味わってほしいものであり、ミシュランガイドではそれをナイフフォークをX型に組み合わせたマークで表現しています。
5段階評価されており、マークが多いほど雰囲気の良いお店ということになります。
3つ星レストランでナイフフォークマークが最高ランクですと、もはやそこは「食のエンターテインメントの極み」といった感じでしょう。
138416909

 

 

コスパの高い店ならビバンダムマーク

1997年から登場した新しいマークが、ミシュランのキャラクターであるビバンダムのマークです。
このマークは、比較的安い値段でおいしいものを食べさせてくれるお店、つまりコストパフォーマンスの高いお店に対してつけられるマークです。
107838557
Steve Mann / Shutterstock.com

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ