記事制作方針ガイドライン

ブランド牛は〇〇で食すのが一番美味しい!

  • 2017/06/21
  • グルメ
  • 59view
  • YAZIUP運営
タグ

ブランド牛にはブランドらしい対応をする

ブランド牛にはブランドらしい対応をする
せっかくの高いブランド牛をいただくチャンスがあっても調理方法がイケてないと台無しなのはおわかりでしょう。
基本高級素材を生かしたシンプルな焼肉が一番ではありますが、焦がしてしまえば高級もブランドもあったものではありません。
まずは正しい調理方法を知ってからブランド牛を食べようとするべきなのです。
と言っても、そう難しいものではありません。
すき焼きや牛丼などでは他の具材や調味料で存在が薄くなってしまいますので、やはり焼肉系が一番ではあります。
ブランド牛の美味さを最大限に引き出して食べる焼き方、そしてブランド牛がよりブランドらしく感じられる美味しい食し方をいくつか紹介します。

 

焼肉は自宅でも美味くなる

焼肉は自宅でも美味くなる
焼肉は焼肉屋でないと美味くないと言うのは一般論にはなっています。
そして焼肉屋に行けばブランド牛でなくても美味しいとさえ感じている人も多いのです。
それでも焼肉屋に行けばそれだけの時間と労力とお金を使い込んでしまいます。
自宅でゆっくりブランド牛の旨味を味わえられればそれに越した事はありません。

・肉は自然解凍しておく
冷蔵している肉をそのまま焼くのではなくいったん常温にすると旨味が増すと言われます。
ただあまりに常温に置いておくとブランド牛では脂も多いので溶けて流れ出てしまう場合もありますので様子を見ながら良いタイミングで焼きましょう。
これは脂の量などにもよってきます。

・市販のタレは使わない
市販の焼肉のタレはどんな肉でも美味しくなるように味付けが濃いものです。
これではブランド牛の旨味が抑えこまれてしまいます。
まずは何も付けずに食べてみましょう。
それでも脂のほんのりとした甘みと肉本来の旨味が凝縮されているのがわかります。
それから物足りないと感じてから軽く塩を付けたりするのです。
塩の良さがわかったら岩塩などこだわった塩を使ってみるのも良いでしょう。
わさび醤油なども違った風味になって美味しくなるものです。

 

やっぱりステーキは外せない

やっぱりステーキは外せない
焼肉でもよりボリューム感が口いっぱいに広がるのがステーキです。
ダイナミックな見栄えでありながら口の中で柔らかく溶けてしまうところがブランド牛の良さなのです。

・肉の自然解凍により注意
焼肉でもそうですが、自然解凍の程度が大切になります。
より肉が厚いので長めに解凍しないと中まで解凍していない場合もありますので上手に調整しましょう。

・焼き過ぎない
ブランド牛であれば、肉の良さを味わうためにミディアムレアくらいがベストな焼き加減です。
ステーキでも焼き過ぎは硬くなってしまいますので注意をしておきましょう。
肉の厚さにもよりますが、表裏の両表面がこんがりしたら弱火で3分くらい温めるくらいの焼き足らないイメージにしておけば失敗は少なくなります。

・ソースは控えめに
ステーキでも調味料で本来の味を損なわないようにする事です。
ここでも市販のステーキソースはなるべく使わずに薄口の醤油、塩、胡椒、ポン酢などに留めておけば十分です。
とにかくブランド牛の旨味を邪魔させないようにしましょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ