記事制作方針ガイドライン

賢く使ってしっかり保存したい野菜

  • 2017/03/28
  • グルメ
  • 21view
  • YAZIUP運営
タグ

買えば安くなるかもしれない野菜

177353066

野菜には旬があることを知らない人はいないかと思いますが、最近ではハウス栽培や品種改良の技術のおかげもあって、多くの野菜が1年を通じて手に入ります。野菜の価格は気候によっても変動しますが、昔であれば旬の野菜は安く購入することができたものの、最近では旬であってもなかなか価格が下がらず、話題になるのは、レタスが1玉500円になったとか、旬のジャガイモや玉ねぎの価格が1.5倍にまで上がったとか、あまり嬉しくないことばかりです。

野菜は値段が高いために、経済的なゆとりがある人でないと、なかなか食べることができない、という話も聞きますが、野菜の価格を下げるためには、多くの人が野菜を買って食べることが一番なのです。とはいえ、男性のひとり暮らしの場合、野菜を使い切ることができずに捨ててしまうこともあるかもしれませんが、これはすごくもったいないですよね。野菜は保存方法が大切です。保存方法が良ければ、廃棄率も下がるので、色々研究してみてくださいね。

 

 

冷蔵庫の野菜室

406746043

冷蔵庫の機能といえば、ひと昔前であれば、肉や魚の鮮度を保つ機能が重視されていましたが、この5、6年では野菜室の機能がかなり上がっています。例えば、日立の冷蔵庫は『新鮮スリープ保存』や『うるおい保存』といったものを売り文句にしており、プラチナ触媒を利用して野菜を休眠状態にするような機能やうるおいカバーによって野菜の水分を閉じ込めるといった機能が搭載されている機種があります。また、三菱電機の冷蔵庫は『朝どれ野菜室』を売り文句にしており、野菜室にLEDを取付け野菜に含まれるビタミンCや糖質の量を上げたり野菜の色をキレイにしたりする機能を備えています。

このような機能を持つ冷蔵庫はファミリー向けの大きさではありますが、使用時にかかる電気代はさほど高くはないので、料理好きな方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

冷蔵庫に入れない野菜

150454247

多くの食材は冷蔵庫や冷凍庫に入れることで常温時と比べて日持ちがするようになります。ただし、一部の野菜やフルーツは冷やしてしまうことで傷みやすくなることもあるので注意が必要です。簡単な見分け方としてスーパーなどで常温で陳列されているものは冷蔵庫に入れる必要がありません。例えば、ニンジンやジャガイモ、玉ねぎ、大根、ごぼうは常温ですよね。基本的根菜は常温と覚えておくのもよいでしょう。ただし、一度包丁を入れてしまうと傷みやすくなるので、そのときには冷蔵庫に入れます。

 

 

野菜の保存方法

115906801

優秀な冷蔵庫を買ったとしても、野菜の保存方法を間違えてしまうと、日持ちが悪くなります。例えば、葉つき大根ですが、葉っぱも食べることが前提であれば、葉っぱの部分だけを切り落としてはいけません。このようにしてしまうと、葉がすぐに萎れてしまうからです。また、キャベツやレタスは芯を抜いて、濡れたティッシュなどを詰めて保存すると日持ちが良くなりますが、白菜を丸ごと1個購入したときには、包丁を入れず芯の部分を少し残しつつ外側の葉から食べていくのがお勧めです。今の時期であれば、白菜に花が咲くこともありますが、この花も美味しく食べることができるからです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
記事制作方針ガイドライン
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールドブーストパック

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ