お寿司屋さんデートで「通」ぶれる鉄板4か条!

  • 2015/12/16
  • グルメ
  • 146view
  • YAZIUP運営
タグ

「通」とは

家族で行くのも楽しいお寿司屋さんですが、ちょっと高級なお寿司屋さんなら、彼女とのデートにも使えますね。
そんなとき、彼女にいいところを見せようと「通」ぶる気持ちも分からなくはありません。
そこでここでは、こんなネタやこんな食べ方をすると「通」に見える方法をお教えしちゃいます。

 

 

板前さんから見て右斜めのカウンター席に座る

これはなぜかというと、板前さんが寿司を握る際、ほとんどの人は右手で握っています。
右手で握っている寿司を左から出すのは、体の動きとして若干不自然です。
多くの板前さんは板前さんから見て右の席から出していきますので、右斜めの席に座っていれば、握りたての寿司を堪能できます。
290386544

 

 

こはだ、あなご、玉子焼きは食べよう

基本的に好きなお寿司を食べればいいのですが、せっかく高級なお寿司屋さんに来たのならば「こはだ」「あなご」「玉子焼き」は外せません。
この3つの寿司ネタはほとんどのお寿司屋さんに置いてありますし、しかも酢でしめたり煮て「つめ」を塗ったりなど、お寿司屋さんの「仕事」を感じられるネタだからです。
34772974

 

 

「おまかせ」も好みを伝えよう

「おまかせで」と言うととっても通に見えますが、それだけしか言わないと逆に化けの皮が剥がれます。
つまり「出された何でも食べます」という雑食のイメージがあるからです。
嫌いなものやアレルギーがあるものははっきりと言って、好きなネタも言っておくといいでしょう。
「おすすめ」があればそれも入れてもらうのも忘れずに。
123733927

 

 

隠語は使わない

お寿司屋さんでは「隠語」がかなり一般的になっている業界です。
「お茶」を「あがり」、「お会計」を「おあいそ」と言ったりしますが、これはあくまでお寿司屋さんの中で使う言葉ですので、お客さんは使わないようにしましょう。
「お茶をください」とか「お会計お願いします」というのが、非常にスマートですよ。
85379554

 

 

「通」ぶって食べるのも大切かも知れませんが、何より重要なのはおいしく食べること。
おいしく食べて会話を弾ませれば、お寿司屋さんデートもいい思い出になるでしょう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ