一年で一番美味しい新海苔の季節

  • 2016/11/18
  • グルメ
  • 18view
  • YAZIUP運営
タグ

海苔の収穫と旬

376836766

カルシウムや鉄分といったミネラルのほか、ビタミンやたんぱく質まで摂ることのできる海苔。海苔は1年中、いつでも買うことができますが、収穫されるのは11月頃からで、11月、12月に収穫された海苔は他の時期に収穫した海苔より美味しいといわれています。

海苔は寿司を食べるときにも使われますが、季節的なものでいえば、お正月のお餅をイメージしませんか。お正月頃には新海苔も販売されているので、海苔を専門に扱うお店や通販を今からチェックしておくことで、年明けには美味しい海苔を食べることができます。有名店では、すでに新海苔の予約を開始しているので、気になる方は早めに申込みをしてくださいね。

 

海苔の等級とサイズ

500074960

スーパーで安い海苔を探してみると「はね」という表示が目に入ってきます。この「はね」は、寿司用の海苔としてみたときにはねられたもの、と考えれば分かりやすいかもしれません。お寿司には向いていない海苔、すなわち穴があったり裂け目があったりする海苔ということです。

ただし、この「はね」は海苔の等級を指しているわけではありません。海苔には「優等・特等・一等・二等・三等……」といったランク(等級)があります。優等の海苔ともなると桐箱に入れられて贈答用として販売されていることもありますが1枚で200円以上することが多く、毎日の食卓向けではないかもしれませんし、実際のところ二等以上の海苔は手に入れることが困難です。スーパーで日常的に買い物をしている人も、海苔の等級については馴染みがないのも、そもそも高品質な海苔を取り扱う店が限られているからかもしれません。

最近、海苔のサイズとして増えてきているのは、おにぎり用のサイズである3切です。海苔は、縦横の長さが20センチ前後となっていますが、3切は1枚の海苔を3等分したサイズです。ちなみに4切以上は上下に等分されたうえで、切り分けられるので、4切であれば正方形に近い形で4等分され、8切であれば、4切の2分の1サイズとなります。

 

海苔の美味しい食べ方と保存方法

276036488

海苔は焼いて食べることで美味しくなりますが、この味の変化は数値にも表れており、うま味成分が焼く前と後とでは、後の方が増えるのです。そして、焼くことで色味も変わります。より深い色となるので、料理に映えるのです。

また、同じ海苔でも、開封から日にちが経てば、食感が悪くなり味も落ちます。これを防ぐには冷蔵庫で保存をしましょう。缶の中に入れて常温保存をしている方もいるかと思いますが、あまり良い保存ではありません。また、一度冷蔵庫に入れたら、食べる直前まで常温に戻さないようにします。このことから、海苔を使うときには、食べる量だけをすばやく取り出して、残りはすぐに冷蔵庫に戻すということになります。

海苔は冷蔵庫から取り出すと一気に湿気ます。気になる方はさっとあぶると良いかもしれません。あぶるときには、2枚ずつ重ねて行うと良い加減になります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ