日本人は、コーヒー飲みのコーヒー知らず?

  • 2016/10/25
  • グルメ
  • 43view
  • YAZIUP運営
タグ
  • グルメ情報
  • カフェ
  • カフェイン
  • コーヒー
  • 生活習慣
  • 豆知識
  • 雑学

日本人は、あまりカプチーノを飲まない

「日本人はよくコーヒーを飲むくせして、まだまだコーヒーのことを知らないねえ」とは東京・渋谷にある某珈琲店マスターの嘆き。喫茶店斜陽の現代にあっても客はひっきりなしに来る繁盛店ですが、不満は客の数ではなく注文。「カプチーノを注文する客が少なすぎる」というのが、マスターのぐちなのでした。
そういえば、カプチーノは、スタバなどのファストフード系コーヒー店でも注文は少ないですね。

 

カプチーノと聞いて、ばっとイメージが浮かぶ?

そもそも、カプチーノと聞いて、ばっとイメージが思い浮かぶ人は、日本では少数でしょう。ネット時代とあって、グルメ情報はこれでもかこれでもかと流れてきますが、それなのにカプチーノを知らない人が多いのです。

ここは、百科事典から引用しましょう。

“「カプチーノ(イタリア語: cappuccino)は、イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つで、陶器のコーヒーカップに注いだエスプレッソに、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいう。イタリア語の本来の発音は「カップッチーノ」に近い。好みによってチョコレートパウダーで風味付けすることもある。」”

(→カプチーノ – Wikipedia

361442585

 

ヨーロッパ人は、苦いコーヒーを好む

ヨーロッパ人のコーヒーに対する好みは、基本的に「苦み」にあります。これは、例えばフランスのパリへ行って、コーヒー豆を売っている店の前に立てば一目瞭然です。並んでいるほとんどが、真っ黒といっていい深煎りの豆なのですから。
そんなパリのカフェで一番多く飲まれているのが、実はイタリア発祥のエスプレッソ。そのエスプレッソにミルクを加えたのが、カプチーノというわけです。

109092740

 

カプチーノは、カフェオレと同じもの?

と言うと、「それって、カフェオレじゃないの?」となりそうですが、違います。スタバなどで女性がよく飲む「カフェラテ」とも違います。主な違いはこうです。

①カフェオレ:コーヒーとホットミルクを混ぜるが、コーヒーはエスプレッソではなく普通のドリップ。
②カフェラテ:エスプレッソとホットミルクを混ぜるが、ミルクは泡立てない。
③カプチーノ:エスプレッソと蒸気で泡立てたホットミルクを混ぜる。

 

チョコレートパウダーがあってはじめてカプチーノ

カフェオレはフランス語、カフェラテはイタリア語で、それぞれ「ミルク入りコーヒー」の意味。これに対し、カプチーノは、キリスト教フランシスコ派の神父がかぶる茶色のフードが原義です。それが飲み物の名になったのは、普通カプチーノの仕上げとして振りかけるチョコレートパウダーが似た色だったから。
ということは、カプチーノは、チョコレートパウダーがあってはじめて本物。喫茶店に入ったら、ちょっと気取って「チョコレートパウダー付きで」と言ってみたいですね。

281119871

この記事につけられたタグ

  • グルメ情報
  • カフェ
  • カフェイン
  • コーヒー
  • 生活習慣
  • 豆知識
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ