YAZIUP CLUB会員募集中

オヤジの料理!春の旬の鮮魚を使ってモテ料理を伝授

  • 2017/03/30
  • グルメ
  • 40view
  • YAZIUP運営
タグ
  • レシピ
  • モテ
  • レシピ
  • 和食
  • 料理
  • 洋食

春の魚と言えば鰆(さわら)に限ります

103840481

魚料理は男にとっては比較的苦手とするところでしょう。
それは捌くところから始めなくても何かと小骨の処理や臭みを抜くのも面倒なイメージが付きまとっているからです。
ところがそんな面倒な魚料理だからこそ、手際よくざばさばこなせればポイントも高くなるというものなのです。
ここでは春が旬の魚を取り上げます。
鰆こそは、その字のまま、まさに春の魚なのです。
この鰆料理に絞って魚料理の腕を上げてみましょう。

 

 

鰆料理ならこれだけは覚えておきたいレシピ

151265987

いくら春だからと言っても、そんなに鰆を料理する機会も多くはないでしょう。
いろいろと覚えるより少数精鋭で次の2品だけをしっかり覚えておくことをおすすめします。

・鰆の西京焼き
鰆と聞いてもピンと来ない人も多いでしょうが、西京焼の魚と聞けばわかるでしょう。
身が柔らかく少し癖のあるところを薬味が締めてくれます。
難しい和食メニューのようでもあり、これができると一目置かれてしまえそうな価値もあります。
材料(2人分):鰆の切り身(2切れ)、塩(適量)、白味噌(100g)、酒(小さじ1杯)、みりん(小さじ1杯)、砂糖(適量)
1.鰆に塩を振り、1時間くらい常温で味を浸み込ませ水分を出します。
2.白味噌、酒、みりん、砂糖を混ぜて合わせ調味料にします。
3.水分の出た鰆の水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。
4.トレイに合わせ調味料を敷いて鰆をガーゼで挟んで合わせ調味料が浸み込むように塗り込みます。
5.冷蔵庫で1日寝かしてから弱火でじっくり焼き上がったら完成です。

・鰆のカレームニエル
ちょっと面倒そうなメニューですが慣れてしまえば、そうでもありません。
魚の臭いの苦手な人でもカレーで簡単に消し取れますのでおすすめです。
材料(2人分):鰆の切り身(2切れ)、カレー粉(小さじ1杯)、片栗粉(小さじ1杯)、小麦粉(小さじ1杯)、オリーブオイル、塩、こしょう
1.鰆は切り身から水分が出るのでキッチンペーパーなどで吸い取っておきます。
2.鰆の両面に塩、こしょうを振ってビニール袋に入れます。
3.カレー粉、片栗粉、小麦粉をビニール袋に加えて、振って混ぜ合わせます。
4.フライパンを火にかけオリーブオイルを敷いて、最初に皮を下にして焼きます。
5.両面とも焼けたら完成です。

 

料理の前に鰆の特徴を知っておく

548959948

鰆はとにかく生では身が柔らかいので、あらかじめ水分を出しきって料理する西京焼きに適しているのです。
ですから火を通すにも弱火でじっくり水分を飛ばすような焼き方が望まれます。
そして丁寧に扱わないと身が崩れてしまいまって、見栄えがしなくなるところにも注意をしましょう。
地味は基本的に淡白ですので、好みでいろいろな味に仕上げやすいのはメリットでしょう。
和食だけでなく洋食に仕立てやすいのも嬉しい魚です。
ポン酢、ドレッシング、トマトソースなどとバリュエーション豊富な料理を工夫するのも面白いでしょう。
これが鰆料理のコツと言えばコツです。

この記事につけられたタグ

  • レシピ
  • モテ
  • レシピ
  • 和食
  • 料理
  • 洋食

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
YAZIUPは『オヤジである自分を受け入れ、最大限“楽しむ”ことができるオヤジはカッコいい!!』と考えています。「まだ現役でいたい!モテたい!カッコよくいたい!!」そんな40代~50代の男性の皆様にオヤジを“楽しむ”情報を毎日お届けするYAZIUP!!『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ