ワイン通になえうにはまず格付けの勉強から

  • 2016/05/05
  • グルメ
  • 112view
  • YAZIUP運営
タグ
  • お酒
  • アルコール
  • お酒
  • ワイン
  • 海外
  • 豆知識
  • 雑学

ワインは「格付け」で分類される

酒の味のよしあしは、見ただけではわかりません。そこで、酒には多く「等級」が定められています。平成4年に廃止になりましたが、かつて日本酒は「日本酒級別制度」で区分されていました。特級〜五級の分類がそれで、アルコール度数と酒質をもとに6つの等級が決められていました。
同じように、ワインには「格付け」があります。

2362919

 

 

基本は、国が法的に定めた区分

ヨーロッパの国々では、ワインは国の主要な産物。そこで、多くの国ではワイン法が制定され、ワインの格付けが法的に定められています。
まずは、ワイン王国、フランス。区分は次の3つです。
ヴァンVin[Vin Sans Indication Géographique]:地理的表示のないワイン(テーブルワイン)
I.G.P.[Indication Géographique Protégée]:地理的表示保護ワイン(地酒)
A.O.C.(A.O.P.)[Appellation d’Origine Controlée /Appellation d’Origine Protégée]:原産地統制名称ワイン
一見難しげな区分ですが、要は原産地がはっきりしていて、信頼がおけるかどうか、そうでないかの区別。それだけです。

204882184

 

 

フランスには、生産地別の格付けもあり

他の国々、例えばイタリアやドイツ、スペインも似たような格付けがされています。毎日の食事のときに楽しむテーブルワインか、気のおけない仲間が集まっての食事会にいい原産地表示ワインか、大切な客が来たときのもてなしに向く生産地限定の極上ワインかといった区分が、それぞれの国の言葉で示されています。
ただし、ここからが問題。フランスについては、国が定める格付けとは別に生産地独自の格付けが行われています。ボルドーにはボルドーの、ブルゴーニュにはブルゴーニュの格付けがあるのです。

78124651

 

 

ボルドーの格付けは赤ワイン限定

ボルドーのワインはシャトーすなわち生産者ごとに格付けされています。その区分は同じボルドーでも地区によって異なり、例えばメドック地区ではこうなります。
Grand Cru Classe第1級から第5級 :赤ワインを対象に、1〜5級の5段階に区分されます。
Cru Bourgeoisブルジョワ級 :Grand Cru Classeから洩れたシャトーの格付けです。Grand Cru Classeよりも下のランクにあたりますが、質の高いものもあります。
ちなみに、「ブルジョワ」とは「市民、中産階級」の意味。要するに、ごく普通ということですね。

93338578

 

 

ラベル読みもまた愉し

フランスワインの格付けはこれ以外にもたくさんあって、複雑怪奇ですが、これらはすべてワインのラベルに記載されています。ラベルの表示をどう読み取るか……ここから始めると、ワインは飲むだけでなく、考え、選ぶ楽しみをプラス。楽しみが増えますよ。

309294470Delpixel / Shutterstock.com

この記事につけられたタグ

  • お酒
  • アルコール
  • お酒
  • ワイン
  • 海外
  • 豆知識
  • 雑学

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ