肝臓のアルコール分解能力は低下している!

  • 2016/04/23
  • グルメ
  • 130view
  • YAZIUP運営
タグ
  • お酒
  • アルコール
  • お酒
  • 二日酔い
  • 健康管理
  • 肝臓

酔っぱらっていないはずが、酔っぱらっています

104980418

男性が酒を飲んで気勢を上げているのは、頼もしくもあります。
でも、十年二十年とだんだん年を取るにつけ、酔っぱらう姿も侘しくなってきます。
昔のように飲んでもどうも悪酔いのような感じで、ぐだを巻いたりし始めるのです。
これは単にストレスの解消をしているのではなく、飲み過ぎているのです。
ただ、飲む量が増えている訳でもないので、それだけ肝臓のアルコール分解機能が衰えているのです。
気持ちだけ若いと、気付かないうちにこのような事態にもなってしまいます。

 

 

アルコールの適量を把握しておく

113085505

個人差こそあれ、中年は中年なりの飲酒量をわきまえておくことです。
飲み過ぎては、つまらない事件や事故にも繋がりかねません。
男性らしさを維持するだけでなく、身の安全のためにも必須のことなのです。
ほどほどさを知ることは、正しい中年男性の酒との付き合い方と言えるでしょう。

 

 

二日酔いは人生一日分の損害

171835391

分解機能を超えたお酒が入ってしまうと、二日酔いの原因にもなります。
頭痛、嘔吐感が残ってしまうと、中年の体力気力では一日何もできないものです。
それだけの時間を無駄に過ごすことになってしまいます。

 

 

飲み過ぎが引き起こすフィジカルダメージとメンタルダメージ

369499367

酒はアルコールとそこそこのカロリーだけはあるものです。これを分解能力以上に過剰に摂取すると体を壊します。
脂肪肝ならまだしも、肝硬変になると肝細胞が壊れていますので、疲れやすい等の症状も出てきます。やがては肝臓がんになる人もいます。
お酒のアルコール分は、膵臓細胞をも壊してしまいます。これが慢性になると膵臓組織のタンパク質が固まり硬くなってしまうのです。
直ちにここまではなりませんが、習慣になってしまうといつの間にか危険な状態にまで陥るのです。
お酒が好きでも週休二日は維持しましょう。
またタンパク質を合わせて摂ると、お酒の影響は緩和されるようです。

 

気付かないうちに、アル中になるのもつらい話です。
お酒を飲まなくてはやってられないという状態は、常人には考えられない症状です。
経済負担がかかるだけではすまないのです。

この記事につけられたタグ

  • お酒
  • アルコール
  • お酒
  • 二日酔い
  • 健康管理
  • 肝臓

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ