いい歳して酒で失敗したくない

  • 2015/12/01
  • グルメ
  • 158view
  • YAZIUP運営
タグ

お酒の魅力とは?自分の限界をきちんと知ろう

お酒というのは、適量を守りながら飲むことで楽しむことができるものです。飲みすぎてしまうと、一時的には楽しい気分になれますが、記憶が曖昧になってしまったり、他の人に迷惑をかけてしまったりして、結果的にはマイナスになります。自分の限界を見極めましょう。

 

ビール、日本酒、焼酎、ブランデー、ウイスキーなど、お酒の種類は多種多様です。人によって、また年代によって、お酒の好みは変わってきます。お酒を飲むことで、コミュニケーションをスムーズに図ることができるようになるものですが、大切なことは適切な量を飲むということです。自分の限界を超えてお酒を飲んでしまうと、円滑なコミュニケーションを図ることはできなくなります。記憶をなくしてしまうだけならまだしも、他の人に多大な迷惑を掛けてしまうこともあるのです。お酒を楽しむためには、自分の限界をしっかりと知ることが大切です。

shutterstock_231664510

 

お酒には魔力がある!無理をしないことが大切

自分の家でお酒を飲んでいる時は、あまり飲みすぎてしまうことがありません。自分で決めたグラスで飲むことが多いため、どのくらい飲んでいるかがはっきりと分かるからです。しかし、上司などと一緒に居酒屋に行った場合、グラスが空になる前に次のお酒をついでもらうことが多くなるため、どうしても飲んでいる量が分かりにくくなります。居酒屋で飲みすぎてしまうのを防ぐ方法は、グラスが空になってから次を注いでもらうようにすることです。自分がどのくらい飲んでいるかを常に把握しておくことで、楽しくお酒を飲むことができるのです。

shutterstock_99782693

 

自分の限界はどこか?飲みながら慣れていこう

お酒を飲むことに慣れていない人は、お酒のマイナス面ばかり気になってしまうものです。しかし、お酒というのは楽しい趣味の1つになるものなので、プラス面を中心に理解していくことが大切です。学生のように若い世代の場合、なかなか自分の限界を把握することができないものですが、社会人になったら限界を知るようにしなければなりません。自分の限界は、お酒を飲んでいくうちに、少しずつ分かってくるようになるものです。あまりお酒が好きではないという人も、人づきあいの一環として、飲む機会を作るようにすると、限界も分かって楽しくなります。

shutterstock_134857220

 

お酒は、人々の円滑なコミュニケーションを図るために欠かせないものです。しっかりと限界を把握しておくことで、楽しいお酒の時間を作ることができます。若いうちは、お酒の魅力が分からないことも多いです。しかし、年齢が上がるにつれて、お酒の持つ本当の魅力が見えてくるようになり、お酒を飲むことが楽しくなります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ