日本酒の美味しい季節到来

  • 2015/11/30
  • グルメ
  • 116view
  • YAZIUP運営
タグ

日本酒の仕込み、そして日本の四季について

日本酒の美味しい季節が到来と言う言葉を聞くことも多いと思います。

食べ物には旬があるように、日本酒にも美味しい季節と言うものがあり、旬があるのです。

日本には四季がありますので、こうした四季の移り変わりで日本酒は旬の味わいができるのです。

 

四季の移りかわりの中で、日本酒の旬の味わいと言うものは育まれます。

ですので、日本の日本酒は、春夏秋冬で、さまざまな味わいをみせてくれるのです。

日本酒の仕込みですが、まずはいつ行われているのかと言うと、毎年10月から、さらには、次の年の3月にかけて行われるのです。

まずは、10月には、その年の秋の実りである、新米を収穫します。

そして、その後精米し、洗米を行い、さらには蒸米などといった仕込みの工程を経て、12月になると、麹の香りを漂わせて生まれたての新酒として出てくるのです。

このころがちょうど日本酒のおいしい季節となります。

270534617

 

旬だとしても、好みによって味わいが違う

日本酒というのは、このように主に10月ごろから、早春にかけて造られていき、そして一年を通じて飲まれていくといったお酒となります。

しかし、時間の経過とともに味などは変化していきますので、作りたてや出来たて、さらには一年近く経過してからでは同じお酒でも味などが変わってくるのです。

旬があるということから、日本酒には旬の時期があり、それを逃したくないと思う人もいると思います。

しかし、フレッシュなお酒が好きな人は新酒がいちばんですし、また熟成酒が好きな人にとっては一年近く経過したお酒がおいしく感じます。

41302567

 

お酒が美味しい季節、お酒と合う食材、レシピとは

朝晩が冷え込む季節となると、お酒がおいしい季節となります。

そこで、こうしたお酒を美味しく味わうためにはどういったレシピがあるのかと言うと、まず、日本酒は、どんな料理にも合うのです。

特に和食にはぴったりであり、日本酒は糖分、有機酸、そしてアミノさんなどのうまみを含んでいますので、とても和食には合うのです。

ですので、和食の中でも、醤油や味噌、また鰹節や、昆布、椎茸などといったアミノ酸の旨みを活かしている料理とはとても相性がいいといえるでしょう。

日本酒は、常温だけではなく、冷酒や燗酒と、様々な温度で味わうことができるのも魅力です。

また、柚子やすだち、さらには、わさびや生姜といったものともあい、料理の味を引き立てます。

135113117

 

日本酒には四季による旬があります。

しかし、新酒や醸造酒などさまざまな味わいがあり、その人の好みにもよります。

日本酒に合う食材はたくさんありますので、さまざまな食材と合わせることができます。日本酒がおいしい季節には、お酒と合う和食などと一緒に、また自分のお好みの日本酒を味わってみることがおすすめです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ