最近のダイエットアルコール飲料のラインナップが多過ぎる件

  • 2016/01/11
  • グルメ
  • 133view
  • YAZIUP運営
タグ

どれが本当にダイエットに効果があるのか分からない。

ダイエットアルコールと聞くと、カロリー0、糖質0といったイメージがあります。よく目にするのは発泡酒や第3のビール。最近では梅酒なんかにもダイエット志向のものが販売されています。でも、本当にダイエットにつながるのはどれと考えると分からないんですね。

271884548

 

 

カロリーか、糖質か、アルコール度数か、どれを基準に選べば良いのでしょう。

ダイエットで一番気になるのがカロリーです。ダイエットアルコールではカロリーは押さえられていますが、問題になるのはその中身です。カロリーを作り出すのは糖質とアルコール。太る原因になるのは糖質です。ですから糖質の少ないダイエットアルコールを選ぶのが大切です。

232402612

 

 

カロリーの高いアルコール飲料はダイエットには大敵ではないのでは。

アルコールにも当然カロリーはあります。ですが、このカロリーは体内に残りません。ですからダイエットアルコールを選ぶ際には、カロリーが糖質によるものか、アルコール度数によるものか見極めることでダイエットという目的に合ったものを選ぶことができます。

97873568

 

ビールは太りやすいって本当なのでしょうか。

ビールはアルコール度数は低いですが糖質が多く含まれます。これは日本酒なども同じです。ですから、たくさん飲むと太る原因になります。つまり、ビールが太りやすいというのは、アルコール度数が低いのでたくさん飲めるというのが太りやすいといわれる理由なのです。

113954089

 

 

ダイエットアルコールの救世主、蒸留酒って本当に太らないのでしょうか。

蒸留酒はそのほとんどがアルコールと水です。つまり太る原因となる糖質が含まれていません。これが蒸留酒がダイエットアルコールの救世主といわれる一番の理由です。さらに、アルコールは体内に残らない、全て排出されるという特性があります。ダイエットアルコールとしては理想的ともいえます。

186254318

 

 

食事と一緒に楽しむ時に注意すべきアルコール飲料はあるのでしょうか。

食べるのが好きという方でしたら、一緒に飲むお酒も楽しみの一つですね。ならば蒸留酒、焼酎やウイスキーがお奨めと考えてしまいますが、ちょっと注意が必要です。アルコールは体外に排出されますが、その作業を体が行なっている間、食事で取った糖質やカロリーはずっと体内に残っています。

200460959

 

 

アルコール度数の高いお酒は食事の時には慎みましょう。

食事の際のアルコールは度数の低いものを選ぶこと。アルコールが少なければ、体は食事でとったカロリーを消費してくれます。ですから、アルコール度数の低いお酒を選ぶことが大切です。ただ、いくら度数が低くても、たくさん飲めば太ってしまうということにはご注意ください。

307389194

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ