路地裏の店を梯子する理由

  • 2015/11/20
  • グルメ
  • 126view
  • YAZIUP運営
タグ

通なお店は、大通りよりも裏通りや路地裏にあり

人生経験が豊富になってくると、量よりも質を求めたくなってくるものです。お酒の場合も飲み放題よりも一杯の味わいを重視したくなります。冷や酒だけではなく燗酒で、あるいはカクテルのベースにもこだわるのも面白いものです。そんなこだわりを持つ人の為の、美味しくお酒を飲める、通な店の見つけ方を公開します。

人通りが多い路面に面したお店はどうしても人の流れがコントロールできないものです。そのため、料理の質やお酒にこだわる店は大きな通りを外れる傾向があります。お酒や料理にこだわるからこそ雰囲気は大事にしたいものですし、お客が多いからと料理の手を抜いたりは絶対にできないのがこだわりのお店です。

路地裏にお店があるのに、早い時間帯から常連さんで満席のお店は要チェックです。それはそれだけ人を惹きつける何かがあるからです。さっとメニューを覗いて、少し高めの値段でも人が集まるなら、間違いなくお酒も料理も素晴らしい証拠です。

167077445

 

お酒が美味しいお店は季節ごとのメニューやお勧め素材が豊富

お酒が美味しく飲めるお店は、旬や素材の質にも敏感です。立て看板に手書きで季節の食材が並んでいたら、美味しい物が当たる確率も高くなります。また、お酒のメニューでも、あまり聞かない地方のお酒があるようならチェックが必要です。それだけ店主がお酒にこだわりを持っていて、買い付けてくることもあるからです。

日本酒であれば夏の濁り酒や秋の冷やおろし、新春の新酒を入れるお店がお勧めです。ワインであればヴィンテージをチェックして、フランスなら2009年などの当たり年のワインが多く入っていれば美味しいお酒の確率も上がります。

158669360

 

一杯で店を出るような梯子酒スタイルを覚える

美味しいお酒を飲める店を探す場合には、最後には足で稼がなければ見つからないこともあります。雰囲気が良くても、たまたま店員の接客が悪くて嫌な思いをする事もあるものです。そのため、満足が出来ないなら一杯で引いて、別のお店に行くのも方法の一つです。

時間帯や曜日によってもお店は別な表情を見せるものです。

美味しいお酒を飲むには、お酒の質だけでなく、自分が余裕を持って心から味わえる環境が整っているかも重要です。雰囲気とお酒を味わい、しっくりしなければ別のお店に行き、気に入ったところでじっくり飲むことも、お酒を美味しく飲むコツと言えます。

311909009

 

美味しいお店を見つけるには混雑店よりも路地裏の穴場を探すのが近道です。そして、早くから人が集まる店はそれだけの魅力を備えています。入り込めないなら早めに引くのも重要で、落ち着ける場所を見つけたらゆっくり腰を据えて飲むかたちでスタイルを変化させることも重要です。自分の呼吸にあったお店こそが本当に美味しいお酒を飲めるお店になり、お店の味をより深く味わうきっかけとなるのです。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ