状況別お酒の断り方

  • 2016/10/11
  • グルメ
  • 45view
  • YAZIUP運営
タグ
  • お酒
  • お酒
  • 人間関係
  • 仕事
  • 会社
  • 飲み屋

飲み会自体を断るということ

酒飲みには信じられないようですが、酒は飲めるけどたしなむ程度の人もいれば、そもそも酒が飲めない人もいます。また、好きなメンバーなら飲みに行きたいが、会社の連中とは行きたくないという人も。

問題は、自分が飲み会を断るときにスマートに回避できるかどうかでしょう。飲み会の重要性と参加者の関係性によって方便も必要になってきます。

140611189

・ただのアフターファイブの飲み会
気心の知れたメンバーである場合にしても、普段はあまり付き合いのないメンバーにしても、気軽に断れるのが単なるアフターファイブの飲み会です。ここでは、殊更に理由をいう必要もないでしょう。
ちょっと用があるからという感じです。究極には、飲み会のバッティングで断ることも、たいした問題にはなりません。

金欠なのでと断ると、おごるよといわれたときに困ってしまいます。そんな人がいない場面なら構いませんが。

・内輪の慰労会的な飲み会
ひとつの仕事が終わった打ち上げなど、慰労会的な集まりの場合は、友達と会う、映画を見に行くなど重要度の低いプライベートな理由で断るのは良くないでしょう。
できれば参加する方が良いですが、どうしても無理な場合は体調が優れないことにします。
もちろん、本当に調子が悪いなら酒を飲んでいる場合ではありません。

・歓送迎会や会社行事としての飲み会
最近では少なくなっているようですが、事実上仕事の延長線上にある飲み会も健在のようです。また、仕事ではないまでも歓送迎会など一度きりの飲み会はなかなか断りにくいものです。
この場合は、正当な理由があるなら断り、そうでなければ出席するのが無難です。途中まででも出られるのなら出た方が良いでしょう。健康上どうしても無理な場合や家族の病気などの重大事でもなければ、その後の評価にかかわる懸念をぬぐえないためです。

また、送別会を欠席する場合は、別途感謝の意を表すなどの気配りも大事です。

80709691

 

飲み会に出席して酒を断る

さて、飲み会自体を断ること以上にハードルが高いのが酒を断ることです。なにしろ、飲みの席に出てしまっているのですから、なんとかの夏の虫状態とさえいえます。

ある程度飲んでいる場合は、飲めるじゃないかといわれますし、飲んでいない場合は、ちょっとくらい飲めと怒られもします。

どちらにしても、自分の判断で飲めないと結論を出したのであれば、断る必要があります。しかし、断固拒否という姿勢では対決になってしまいます。

・酔ってしまったふりをしてかわす

・飲んでいるふりをしてかわす

・ソフトドリンクを手放さずに酔っ払う

場慣れしている人であれば、飲ませようとする相手に逆に飲ませてしまうものです。そんなテクニックがない場合でも、相手を持ち上げておけば結構な率でのまずに交わせます。
コップに口を付ける振りは忘れずに。そこで、すかさず別の人を巻き込むという手段も有効です。

447782125

最後に、体質的にアルコールを受け付けない場合です。下手をすれば生命に危険を及ぼしますので、普段から説明しておく必要があります。
その上で、ノンアルコールでも楽しめる人間関係を作っておけば無敵というものです。

この記事につけられたタグ

  • お酒
  • お酒
  • 人間関係
  • 仕事
  • 会社
  • 飲み屋

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ