ワイン選びに悩んだときの、とっておきの「ウラワザ」あり

  • 2016/10/10
  • グルメ
  • 49view
  • YAZIUP運営
タグ
  • お酒
  • お酒
  • プレゼント
  • ワイン

手土産にするワイン選びはむずかしい

家で晩酌代わりに飲む「おうちワイン」なら、大手の酒屋やスーパーで段ボールに入れてごろんと転がしてある特価ワインでもそれなりに楽しめます。なんだ、赤ワインのくせして渋味が全然足りねえな……そんなふうにぶつくさケチをつけながら飲むのも、また一興。それもまた、酒の楽しみのうちですよ。
ところが、休日にワイン好きの上司の家を訪ねることになり、手土産として持って行く1本を選ぶ。このときは、迷うでしょうねえ。

172914620nodff / Shutterstock.com

 

ワインもまた「金次第」ではありますが……

あなたが良家の御曹司で資産たっぷりだとか、ひそかにやっている副業でふところ工合は豊かというなら、何も問題ありません。ボルドーの有名シャトーだとかブルゴーニュのワイン名人の名がついた1本を金に糸目をつけずに選べば、それで充分。好みの問題を別にすれば、「外れ」はほぼありません。
ワインもまた「金次第」というわけですね。

116900962

 

「生産者で選ぶ」のがワイン選びの鉄則

これに対し、ごく普通のビジネスマンで、しかも40代に入って子供の教育費や家のローンがずっしり重たくのしかかってきた。そんな境遇だと、少しでも安くて上質なものを。そういう心理がどうしたってはたらきます。
ワイン選びで一番難しいのはここです。素人にとって最も安全なワイン選びの基本は「生産者で選ぶ」ことですが、ドメーヌ・ドゥ・ラ・ロマネ・コンティ(DRC)のような著名な生産者のワインは皆高価。同じロマネ・コンティでも銘柄は複数ありますが、どれをとっても1万円以上はします。簡単に手が出せるものじゃありません。

160058564

 

だから、日本では知られていない生産者を探せ

そこでウラワザ。日本でのワイン消費量は年々伸びていますが、といって日本人みんながワイン通になったわけではありません。ロマネ・コンティならたいていの人が知っているでしょうが、フランスでは有名だが、日本ではまだ無名という銘柄がいくつもあります。
そういう銘柄を覚えておいて探すと、例えばシャトー・グラン・ピュイ・ラコスト(フランス・ボルドー地区の著名シャトー。しかし、日本では知られず)の逸品が3,000円ほどで買えるなんてことがあるのです。

 

お買い得品探しも、また楽し

そのためには、まず下ごしらえ。幸い、最近はワイン関連の本がたくさん出されていて、それらの本にはたいてい「おすすめワイン銘柄一覧」なんてリストが載っています。これを手掛かりに「お買い得ワイン」を探せばいいのです。
町の酒屋やスーパーでは無理でしょうが、専門のワインショップでなら、掘り出し物が見つかる可能性も大。面倒などと言わずに、お宝探しを楽しみましょう。

121356034

この記事につけられたタグ

  • お酒
  • お酒
  • プレゼント
  • ワイン

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ