選びたい日本のお酒、日本酒・焼酎・梅酒を飲むメリット

  • 2016/09/28
  • グルメ
  • 104view
  • YAZIUP運営
タグ

日本のお酒と健康

400639405

酒は百薬の長といいますが、実際にところはどうなのでしょうか。日本のお酒といえば、米と水、麹などから作った醸造酒である『日本酒』や芋、麦、米などの原料を発酵させてできた蒸留酒である『焼酎』、青梅を氷砂糖などの糖類や蒸留酒と漬け込む混成酒類である『梅酒』などがあります。

それぞれ健康に良い面がありますが、その区別はつきますでしょうか。もちろん、どのお酒でも飲み過ぎは体に悪いですよ。

 

日本酒による体のメリット

358009226

日本酒を飲むことで次のような効果が期待できるといわれています。

・血圧を下げる効果
高血圧で悩んでいる人であれば、日本酒がお勧めです。酒粕分解ペプチドによって血圧が下がることが分かっています。また、2016年3月23日の月桂冠総合研究所の発表によると「「酒粕分解ペプチド」に、肝臓でのコレステロール合成を抑制する機能があること」が確認されたそうです。

・血糖値を下げる効果
糖尿病のリスクが高い人には、血糖値を下げる日本酒がお勧めです。この効果は酒粕によるものなので、日本酒が苦手であれば甘酒も良いでしょう。

・老化防止と肌のシミ予防
コウジ酸によって細胞が活性化されるため肌の老化現象を遅らせることができます。また、シミの原因になるメラニンを抑制する働きもあります。コウジ酸は美白化粧品の原料にも使われていますが、食事で摂るのであれば日本酒のほかに味噌も良いでしょう。

 

焼酎による体のメリット

460623619

焼酎(焼酎乙類)を飲むことで次のような効果が期待できるといわれています。ただし、焼酎の適量はほかのアルコール類に比べて少量なので、1日にコップ半分以上を飲むのは止めましょう。

・血栓を溶かす効果
血栓溶解剤として使われているウロキナーゼは、焼酎にも含まれています。とくに芋焼酎は含有量が高く、血栓によってリスクの高まる脳血管性認知症の予防にも良いといわれています。また、焼酎が苦手な方は香りを嗅ぐだけでも、効果が期待できるといわれています。

・善玉コレステロールを増やす効果
焼酎には血栓を溶かす以外にも、少量で血管内を掃除する善玉コレステロールを増やす効果があります。血液の状態が心配な方は、焼酎がお勧めです。

 

梅酒による体のメリット

282472742

梅酒を飲むことで次のような効果が期待できるといわれています。また、梅酒作りに使った梅の実も健康に良いので、サンマや鶏肉とあわせて調理するのもお勧めです。

・疲労回復効果
梅には疲労回復効果のあるクエン酸が含まれています。とくに梅酒は梅干しよりクエン酸を多く含むのでお勧めです。クエン酸には、ほかにも血液をサラサラにする効果もあります。

・胃腸の働きを良くする効果
便秘ぎみのときに、梅酒を少し飲むと胃腸の働きが良くなり便通を促します。また、暑さで食欲がないときにも胃腸を元気にすることで、食べられるようになります。

・カルシウムを補う
カルシウムが不足すると血圧が上がったり免疫力が低下したりします。梅酒にはカルシウムのほか、カルシウムの吸収を助けるクエン酸も入っているので、効率良く摂取することができます。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ