二日酔いの日にいつもより食べすぎる理由とは?

  • 2016/09/11
  • グルメ
  • 68view
  • YAZIUP運営
タグ
  • お酒
  • お酒
  • メタボ
  • 生活習慣

飲んだ後の〆でラーメンを食べたくなる仕組み

455968474

お酒を飲み過ぎた二日酔いの翌朝は、胃腸さえ丈夫であればやたらとご飯が進む事があります。
旅館での泊りがけの宴会では、翌朝の豪勢な朝食も一気にたいらげてしまったりするものです。
これには科学的な理由があって、体が食事を欲している事が分かっています。
飲んだ後の〆にラーメンを食べたくなるのとほぼ同じ理由です。
さんざん飲んで食って腹も一杯になっているのに、寝る前になってさらにラーメンへと手が進みます。
これでは、一気にメタボへの道をまっしぐらになる事も分かっていそうなものです。
それでも体はラーメンを欲しがるにはそれだけの理由があるのです。
これは二日酔いを防ぐために起こされた行動なのです。
それはアルコール分解を担当している肝臓が働くために必要な糖分の供給を助けるための行動です。
主にすぐに糖分になる炭水化物をまとめて一気に摂り込めるのがラーメンなのです。
また、お酒のアルコールによる利尿促進作用で失われたナトリウム、カリウムと言ったミネラルやビタミン成分も補充したくなるのです。
ラーメンのスープには、そう言った成分も十分含まれていますので、同時に摂れる食品なのです。

 

 

二日酔いによる症状を解消するために

144389434

二日酔いの状態では、吐き気、頭痛、めまい、のどが渇く、むかつく、だるいと言った症状があります。
この状態で、しっかり噛む食品はあまり食べたくはないものです。
ラーメンもそうですがすぐに飲み込めるような食品を摂りがちですので、どうしても食べすぎになるのです。
例えば、ご飯もそうです。普段は食べない丼飯ものでも一気に箸が進んでしまうこともあります。
そこにミネラル豊富な味噌汁などが付いていれば、さらにご飯も進むのです。
特に汁物はすぐに腹に溜まります。
満腹を感じる前に飲み込んでしまうため、気が付いた時は食べすぎ状態にもなってしまいやすいのです。
二日酔いの日の食べすぎなどは、いたって体の健康な状態を維持するための正常な反応の結果なのです。
二日酔いの原因物質は、アルコールが中途半端に分解された状態のアセトアルデヒドです。
「完全に分解しきれないアルコールを分解しきってしまうための栄養分を至急、摂り込むべし」との指示を脳が発しているからです。
それによって食べすぎになったところで、それはより小さな問題に過ぎないために、食べすぎは起こってしまうのです。

 

 

二日酔いで食べすぎにならないために

187049543

二日酔いによる体の悪い状態を正す結果とされても、食べすぎだって体に良い事ではありません。
このような食べすぎを防ぐためには、失われた塩分と水分をスポーツドリンクで補うのも適切な方法です。
これは意識しないと、ついつい食品の食べすぎに走ってしまいます。
食べすぎは食べすぎないための知識があれば、二日酔いも楽に解消しやすくなるのです。
そもそも二日酔いになるほど飲みすぎないと言うのも、有効な対処法ではあります。

この記事につけられたタグ

  • お酒
  • お酒
  • メタボ
  • 生活習慣

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ