糖質0は信用できない!?ビール好きのための太りにくい飲み方とは

  • 2016/06/23
  • グルメ
  • 99view
  • YAZIUP運営
タグ
  • お酒
  • おつまみ
  • お酒
  • ビール
  • 栄養価
  • 糖質制限
  • 食べ物
  • 飲み屋

糖質0のビールはいくら飲んでも大丈夫?

気温が上がると美味しくなるのがビール。
仕事が終わった後の1杯が楽しみて毎日を過ごしている、という方も多いのではないでしょうか?
しかし、ビールは「太りやすいお酒」の代表格でもあります。
ビールの原料は麦、ホップ、コーンスターチ、米などで、これらすべてはでんぷん、つまり「糖質」です。
糖質がダイエットの大敵なのはもはや常識。
30代~40代になると、新陳代謝も落ち気味になり「中年太り」が気になりだし、ビールに手が伸びづらくなる人もいるでしょう。
そんな方に人気なのが、糖質0のビールテイスト飲料。
各メーカーから出ており、味もかなり本物のビールに近くなっています。居酒屋で提供するところも増えてきました。
では、糖質0のビールならいくら飲んでも大丈夫なのでしょうか?
残念ながらそれは違います。現行の法律では100mlあたり糖質が0.5グラム以下ならば0と表示できるのです。
ビールとしての美味しさを求める以上、蒸留酒のように完全に糖質0の商品はごくわずかでしょう。
つまり、いくら糖質0のビールとはいえ、量を飲めば同じことなのです。

270707900

 

 

最初の一杯で満足する方法

ハイボールや焼酎の炭酸割など、本当に糖質0の蒸留酒を使ったビールと同じように清涼感を味わえるお酒もあります。
しかし、「どうしてもビールが飲みたい」というビール好きの方もいるでしょう。そんな人は量を調節しましょう。
糖質0のビールテイスト飲料を1杯だけならば、糖質制限ダイエット中でも大丈夫。
しかし、「ビールを飲んだという満足感が欲しい」という場合は、プレミアムモルツやエビスビールなどの本格的なビールがお勧め。
これらのビールは「麦芽とホップ」のみで作られており、米やコーンスターチなど余計な糖類が入っていません。
そのため、のど越し重視のビールよりは、若干糖質が低いのです。
また、どっしりと飲みごたえがあるので1杯で満足しやすいのです。
最初の一杯に、このようなビールをゆっくりと味わって、お酒を切り替えれば心も満足できるでしょう。

113954089

 

 

おつまみは小皿で

お酒同様太る原因となるおつまみ。
セーブしようとしてお酒が進むとどうしても手が伸びてしまいがちです。
そこで、おつまみは小皿にいれてゆっくりと味わいましょう。
手軽なものならば、ナッツやスルメなどのかわきもの。
魚介類も糖質がないのでお勧めです。殻をむいたり身をほぐしたりすれば、ゆっくり食べられるので食べ過ぎも防げるでしょう。
逆に避けたいのは、ドライフルーツ
蒸留酒と相性がよく、バーのおつまみの定番ですが糖質のかたまりです。

143178427

参考:ダイエット中の糖質ゼロビールの正しい選び方と気をつける点 | ナチュLife

この記事につけられたタグ

  • お酒
  • おつまみ
  • お酒
  • ビール
  • 栄養価
  • 糖質制限
  • 食べ物
  • 飲み屋

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
グルメの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ