5指にあまる有力候補が勢揃い 激戦皐月賞の狙いどころがわかった!

  • 2016/04/15
  • ギャンブル
  • 128view
  • のりき 夢丸
タグ

3強?4強?5強? なんだか身震いするほど高レベルな世代

115959652

年明けからこの馬が主役かと思ったら、次々と新星が現れて、さらに真打ちは2月から姿を現していないなんて……。
あまりに有力馬が多くて「アノ騎手はいったいどっちの馬に乗るんだ」「おこぼれには誰が預かれるんだ?」とか、外野までヤキモキしている……。

いやはやそんなの過去に聞いたことがないよというレベルで大注目の3歳クラシック第1弾、皐月賞がいよいよ開催される。
史上最強世代の呼び声も高い現3歳牡馬による死闘が、ここから秋まで続くことになる。

 

 

勝てば即、歴史的名馬の称号を手に

レベルが高いか低いかはさておき、過去にも皐月賞では5番人気馬までが単勝オッズ10倍を切るような大混戦になったことが何回かあった。
近くでは、ヴィクトワールピサが勝った2010年やイスラボニータが勝った2014年もそう。

そんな混戦皐月賞を1番人気で勝った馬は、ここ30年で2頭しかいない。
それが03年の「頭ポカリ事件」ネオユニヴァースと、前出の10年ヴィクトワールピサだけ。
2頭はなんと堂々の親子制覇。
ネオユニヴァースは菊花賞で惜しくも3冠ならずのクラシック2冠馬。
そしてその仔ヴィクトワールピサは、後にドバイWCを制したワールドワイドな名馬。

また今年の桜花賞では、ヴィクトワールピサの仔ジュエラーが勝った。

血のロマンはこうして永遠に続いていく。

310226486

 

 

混戦皐月賞をデータで読み解く

さてもしも今年の皐月賞に、単勝オッズ10倍以下の馬が5頭いたら、馬券はこう組み立てたい。

 

▼1番人気馬が相当強く、5番人気馬の巻返しはなし

▼そのまま上位4頭のボックスで決まる(つまらない)年も、もちろんある

▼ここを勝つ1番人気は、紛れもない「名馬」の予感

 

どうしても高配当を狙いたいという人は

▼5強のうち2頭を軸にして、3着にそれ以外からの突っ込みを警戒する

▼基本的に3連単は、人気順どおりに並ぶ馬券を厚めに勝負する

▼王道ローテ組よりも、メンバー軽めのトライアルを経てきた余力ある馬に一発の可能性あり

 

 

「無事是名馬」もまた名馬の条件

ファンとしては、今年が高レベルであるが故にお互い体力の消耗がキツく、皐月賞が終わって1頭、ダービーが終わってまた1頭リタイヤ……と寂しいことにならないか、という心配はある。
千両役者がいてこその競馬興行。せめて春のうちだけは有力馬が全馬そろって皐月賞、ダービーに臨んでもらいたい。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ