見つけた!次世代のスター候補たち 注目若手騎手を先物買いせよ

  • 2015/12/03
  • ギャンブル
  • 259view
  • のりき 夢丸
タグ

騎手リーディングを上から眺めていくと

いわゆる「もうすぐトップテン」組の中に期待の若手騎手が飛び込んできたことに気づくだろう。
彼らの活躍は今年限りか、あるいは大ブレークの予兆なのか……くわしく見てみよう。

 

213207181

 

一流への足がかりは「芝レースでの勝ち星」

伝統的に芝の大レースが重視されてきた日本競馬では、騎手が一流と呼ばれるためには芝レースで実績を挙げなければならない。
地方出身、若手、新人問わず、ダートでどんなに実績があっても、結局は芝のレースにアジャストできた者だけが真の一流へ駆け上がってきた。
そういう視点で若手の成績を見直すと、世間の注目騎手とブレーク間近の騎手は必ずしも一致するわけではない。

 

 

若手注目一番手は松山弘平

最初は、勝ち鞍、率、内容全ての面で、次世代のスター候補一番手と言える本命、松山弘平だ。
松山と言えば今年お手馬コーリンベリーで地方G1を制したように、ダートでの活躍も盛んだが、もともと本質的に芝レースの成績がよい騎手。
全盛期のドリームバレンチノに乗り芝G1でも好走するなど、トップジョッキーとまったく遜色ない実績を収めている。
今年は重賞こそ一息だったが、同ランクの騎手たちに比べて特別戦での勝ち鞍が多い点にも華を感じさせる。

 

 

順調に白星伸ばす松若風馬

いま一番の伸び盛りといえるのが松若風馬。
騎乗依頼にも恵まれ、デビュー以来勝ち星を伸ばし続けて、ここまでは順風満帆。
今年はいよいよ芝での勝ち星がダートの勝ち星を抜き、代打で挑んだ夏の小倉記念では見事アズマシャトルで勝利。
重賞ウィナーの仲間入りを果たした。
今後、芝で活躍するお手馬を持つことで、苦難や歓喜を経験し、一皮むけると更なるジャンプアップが期待できそうだ。

 

 

感性は一流、いつ羽ばたいてもおかしくない藤岡康太

このランクの常連であり、次はこの騎手と評価されて久しい藤岡康太。
折り合いに不安がなく、とにかく上質の芝馬に乗せたら、いつでも一発が狙える。
ディアデラマドレなど難しい追い込み馬もお手のものだった。
落馬を乗り越え、来年はお手馬に大器ビッグアーサーを迎え、いよいよ念願の復活G1取りに向けて始動する。

 

 

関東の一番星 石川裕紀人

上の3人にはまだ及ばないが、なかなか大物が育たず、いまだベテランの壁を破れない関東若手ジョッキー界にあって唯一の希望と言えるのが、この石川裕紀人。
今はダート戦に偏った成績だが、乗せてみれば輝くのはむしろ芝レースであることは、だれの目にも間違いないところ。
逃げ差し問わずに鞍はまりがよく、追う姿も決まっている。
個性派追い込み馬ライズトゥフェイムで、一発中距離重賞ゲットもあるか。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ