新星誕生!?2016年のスプリント戦線

  • 2016/04/11
  • ギャンブル
  • 129view
  • YAZIUP運営
タグ

久々のスプリントヒーロー登場か

139436678

先日3月27日に開催された、GⅠ高松宮記念。
カレンチャン、ロードカナロアがターフを去り、日本のスプリント界は長らく主役が不在といえる現状です。
しかし、先日の高松宮記念で今後の短距離界を沸かせてくれそうな一頭のニューヒーローが誕生しました。
ここでは、今後のスプリント界で注目の馬をご紹介します。

14727001

 

 

ビッグアーサー

今年の高松宮記念のチャンピオンで、重賞初勝利がGⅠとなった、まさしくニューヒーローと呼ぶに相応しい馬です。

ビッグアーサーは現5歳馬で、父サクラバクシンオー、母父キングマンボという血統。

デビューから5連勝でスプリント界の新星誕生と騒がれるも、その後の重賞ではあと一歩のところで届かないというもどかしいレースが続いていました。

今回が初のGⅠ挑戦ということだったのですが、今までの鬱憤を晴らすかのような見事な快勝劇を演じてみせました。

しかも、叩き出した1.06.7というタイムはレコード。

アグネスワールドのもつ1200mレコードにもコンマ2秒まで迫る非常に優秀なタイムで、重賞未勝利ながら今回1番人気に推された実力を遺憾なく発揮しました。

今後のスプリント界は目覚めた大器、ビッグアーサー中心に回っていくことになるのか、注目されます。

 

参考:【高松宮記念】スプリント界に新星!ビッグアーサー驚異的レコードV ― スポニチ Sponichi Annex 競馬

 

 

アルビアーノ

高松宮記念で3着に入ったアルビアーノ。

外国産の4歳牝馬で、父Harlan’s Holiday、母Anticsという血統です。

昨年のNHKマイルカップの2着馬で、10月のGⅡスワンステークスではフィエロなど牡馬の強敵相手に勝利を収めました。

相手、距離、場所、展開問わず、どんな状況でも好走する安定感が魅力の馬です。

生粋のスプリンターというわけではありませんが、今後も短距離界に顔を出すようなら期待ができる一頭です。

 

 

ミッキーアイル

2014年のNHKマイルカップの覇者である、ミッキーアイル。

マイペースの逃げを打って後続を寄せ付けないレース巧者タイプで、デビュー後しばらくはマイル路線専門で行っていました。

しかし、ここにきて短距離路線にも挑戦、レースの幅も広がってきており、今年の高松宮記念では人気に応えて2着に好走しました。

負けるときは惨敗を喫することも少なくない馬ですが、短距離界でも十分通用する力を持っています。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ