チューリップ賞で占う今年の牝馬クラシック戦線

  • 2016/03/04
  • ギャンブル
  • 183view
  • YAZIUP運営
タグ

チューリップ賞

88826620

3月5日は桜花賞の重要なトライアルレース、GⅢチューリップ賞が開催されます。

名牝ウオッカやブエナビスタも、ここを勝ってクラシックへと挑んでいきました。

今年の3歳牝馬戦線は早くもメジャーエンブレム一強のムードとなっていますが、成長途上の3歳馬はまだ何があるか分かりません。

チューリップ賞に集まった有力候補を主に、今年の牝馬クラシックで注目の馬をご紹介します。

75443518

 

 

メジャーエンブレム

今年の牝馬クラシックは、この馬が中心になることは間違いないでしょう。

昨年の2歳女王、メジャーエンブレム。

早くもこの馬の桜花賞、オークスの二冠は確実と見る人も多いようです。

当馬はとにかく、前走クイーンカップの内容が圧巻でした。

他馬より1kg重い斤量を背負って、5馬身差の逃げ切り。

記録した1.32.5のタイムはレースレコードを1秒以上更新する、驚異的な数字です。

桜花賞はもちろん、この先どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか、興味は尽きません。

 

参考:【クイーンC】メジャーエンブレム、5馬身差V!文句なし桜の主役だ(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

 

 

レッドアヴァンセ

メジャーエンブレムの対抗一番手と目されるのが、レッドアヴァンセ。

父はディープインパクト、母は名繁殖牝馬のエリモピクシーです。

エリモピクシーは活躍馬しか出さないほどの優秀な母で、兄弟にはリディル、クラレント、レッドアリオン、サトノルパンと重賞勝利馬がズラリ。

レッドアヴァンセも前走エルフ賞で見事に差し切り勝ちを決め、一躍クラシック路線に乗り込んできました。

前哨戦ではあるものの、チューリップ賞でどのような脚を見せてくれるのか楽しみです。

 

参考:桜花賞に名乗りを上げるのは/チューリップ賞の見どころ(netkeiba.com) – Yahoo!ニュース

 

 

ブランボヌール

昨年の函館2歳Sを勝ったブランボヌールの2016年は、ここチューリップ賞からの始動。

昨年はその後もファンタジーステークス、阪神JFでも3着に入っており、堅実さが魅力の馬です。

幼さからか、イレ込む癖が見られたのがどこまで改善されているか、復帰戦から注目です。

 

参考:【チューリップ賞】ブランボヌール 迫力ある伸び脚「レースでうまく折り合ってくれれば」(東スポWeb) – Yahoo!ニュース

 

 

 

ジュエラー

前走のシンザン記念で、前残りの展開の中強烈に差し込んで2着に入ったジュエラー。

父は新種牡馬のヴィクトワールピサ、母はワンカラット生んだバルドウィナという血統です。

当馬も姉と似た鋭い脚で、2歳から活躍しているライバルにどこまで迫れるか、注目されます。

 

参考:桜花賞に名乗りを上げるのは/チューリップ賞の見どころ(netkeiba.com) – Yahoo!ニュース

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ