春の中山競馬トレンドに乗り遅れるな! 勝ち馬のローテに大変化がやってくる

  • 2016/03/07
  • ギャンブル
  • 136view
  • のりき 夢丸
タグ

そろそろ舞台の主役が交代する

これから4月の皐月賞まで一気に2開催ロングランが始まった中山競馬。
競馬ファンとしても、いつまでも冬の東京開催の結果を引きずっていてはならない。
というのは、ここから勝ち馬たちのプロフィールが一気にガラッと変わる時季を迎えるからだ。

305138912

 

 

活躍馬のローテーションが激変する

参考に昨年のデータから、中山競馬勝ち馬のローテーションをまとめてみた(3歳戦・障害のぞく)。

始まってすぐの中山競馬は、まだ冬の気配が抜けない。

 

▼2015年2月28日中山

8R・1着アキノアッパー
月一ローテ守り休み明け6戦目。最近3走2、2、1着

10RアクアマリンS・1着カハラビスティー
休み明け3戦目。最近3走9、3、1着

11R総武S・1着フィールザスマート
休み明け5戦目。最近3走3、3、1着

12R・1着モンテネオ
休み明け4戦目。最近3走1、16、1着

 

勝ち馬の特徴として、

▼月一程度で昨年から順調に使われている
▼近ごろずっと調子が良い

ところがこれがひと月経つと……

 

▼2015年3月29日中山

7R・1着タマノエスペランサ
休み明け2戦目。4→1着

10R常総S・1着ファントムライト
休み明け2戦目。9→1着

12R鹿島特別・1着ゲマインシャフト
休み明け2戦目。4→1着

 

▼3月28日

11R春風S・1着ペイシャモンシェリ
休み明け2戦目。14→1着

12R・1着タブレットピーシー
休み明け2戦目。8→1着

 

▼とにかく見事なまでに「ひと叩きしてすぐに馬券になる」。

 

「春競馬」とはこういうことだ

中山に開催が変わった当初は、前開催の東京、京都で好調だった馬でも勝負になるのだが、開催がひと月ばかり進むとそうはいかない。
「冬からずっと好調キープ」の人気馬よりも、「一叩きしてすぐに変わり身」を見せる穴馬がバンバン走る。

 

理由はいくつか考えられる。

▼春の競馬シーズンが近づくにつれて、力量上位の馬が始動する

ドゥラメンテらスターホースの名を持ち出すまでもなく、春競馬での活躍を考えているなら、そろそろこの中山・阪神あたりで始動しなければ、何かと間に合わないケースが出てくる。

 

 

▼暖かくなって調教がはかどる

気温が上昇し、馬たちの仕上がりが1・2月の休み明けと全く違うレベルに達し、ひと叩きくらいで十分馬券圏内に間に合ってしまう。

 

 

▼冬出走組は基本的に「空き巣狙い」の一流半クラスだった

つまり出走馬のレベルが格段に上がるのがこの時季。
冬に稼いだ馬たちはそろそろお休みモード。役者がガラッと入れ替わるだけの話なのだ。

 

2月の成績が良かった馬は、困ったことに危険な人気馬になりやすい。
ここからは頭をしっかり切り換えて、「フレッシュな叩き2戦目」の穴馬を積極的に狙っていこう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ