母の力は偉大だった! ローカル競馬で活躍牝馬の仔を買う法則見つけた

  • 2016/03/03
  • ギャンブル
  • 230view
  • のりき 夢丸
タグ

モンドシャルナだけじゃなかった

2月27日小倉競馬8R・500万下の平場戦で「あの」ディープインパクトの弟であるモンドシャルナ(牡5・角居厩舎)がようやく3勝目を挙げた。
まあ、これだけならなんてこともない話なのだが、実はこの日は他にも、現役時代活躍した牝馬や優秀な繁殖牝馬の仔ばかりがバンバン走る、ちょっと異常な日だった。

366163562

 

 

2月27日小倉

▼7R500万下牝馬限定

1着ウォーターラボ
母クライウィズジョイ
半兄サトノノブレス

 

 

▼8R500万下

1着モンドシャルナ
母ウインドインハーヘア
半兄ディープインパクト

 

 

▼10R日田特別

1着マルーンドロップ
母ザラストドロップは中央3勝
2着ヤマニンバステト
母マダニナは中央3勝

 

 

▼11R皿倉山特別

1着ブライトバローズ
母ジェダイトは中央3勝

この勢いは翌日2月28日も続き、

 

▼日曜7R500万下

3着スペルヴィア10番人気で複勝1370円
母フサイチパンドラ(G1勝ち)

 

 

▼8R500万下

1着テーオービッグバン
母ゴットザビートは中央4勝
2着ヴィンセンツイヤー(10番人気)
母ブリュメールは中央3勝

 

と、しばらくは母の名前さえ見ていれば、おいしい馬券にありつけたことになる。

 

 

小倉はもともと「母の血」で走る競馬場

2011年にこの小倉で3連単1950万馬券が飛び出したときも、激走馬には「母方に優秀な血を持つ」という共通した特徴があった。

 

1着ゲティスバーグ
母の母がG1馬タケノベルベット
2着カリスマミッキー
母は2歳戦から活躍したジュピターガール

今回の「まとめて激走現象」も、あながち偶然というわけではないようだ。

 

垣間見える「陣営の本気度」

サラブレッドの繁殖の基本は「ベストトゥベスト」。つまりよい種牡馬によい繁殖牝馬を掛け合わせることで名馬を生み出そうというのが本筋だ。

よって現役時代に活躍した牝馬、あるいは優秀な兄・姉を産んだ牝馬たちは、きっとまた良い子を産んでくれると期待されている。

しかし、残念ながらすべての産駒が走ってくれるわけではない。中山や阪神などきらびやかな中央場所で活躍できなければ、次は裏開催のローカルに連れて行ってでも結果が求められる。

今回の「まとめて激走現象」は、そういった厩舎サイドの必死のやりくりが形になって現れたものかもしれない。

小倉は今週で最終週だが、次開催の中京競馬場でも、引き続き「優秀な繁殖牝馬」たちに注目してみてはいかがだろう。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ