今年もここから大物牝馬始動!? G1直結の隠れた出世レース エルフィンS展望

  • 2016/02/02
  • ギャンブル
  • 168view
  • のりき 夢丸
タグ

今年の桜候補に名乗りを上げる馬は、はたして……?

重賞でもないのに、過去の出走馬を見るだけで、その重要さがわかるステップレース、エルフィンS。
京都のマイル戦は、秋のG1マイルCSを見てもわかるとおり、スピード一辺倒だけでは押し切れない。
その馬に真の実力が伴っているかが試される、まさに試金石の舞台だ。

321038234

 

 

1番人気の成績良く、基本的に本命党のレース

人気どころの成績がまずまずだが、それは年によって相当高くなるメンバーレベルのせい。
ウオッカ、レジネッタ、レッドディザイア、マルセリーナ、ショウナンパンドラなどなど、のちのG1馬が多数出走している。
とくにその年評判の大物牝馬が出走してきたら、まず逆らわないこと。

 

 

時計勝負になりにくい

馬場そのものが悪いわけではないのに、勝ちタイムが妙に遅いケースが見られる。
これは前半とてもゆっくり入るスローの瞬発力勝負になりやすいからだが、それでいて決して前残り決着だけの淡泊なレースにはならない。
4コーナーまで脚を温存できれば、差し馬もゴール前きっちり届く。
持ちタイムより強靱な持続力を競う勝負になりそうだ。

 

 

芝馬血統がようやく幅を利かしてくる

血統的にはひと月前の紅梅Sよりはダート色が薄まり、近年の好走馬は、ディープらサンデー直系の芝種牡馬の名前が増えてきた。
数多いディープ産駒の中では、母父が有名どころではなく、ちょっと聞かない毛色の変わった系統をもつ牝馬がおすすめ。

 

 

前走ローテは多岐に渡り、新馬勝ち直後でも即通用

前走を勝ち上がってきた馬は、それが特別だろうが新馬だろうが印象が良いせいか、どれもひとまとめで人気になりやすい。
そこで狙いたいのは、前走紅梅Sで負けた組と、1800以上の長めの距離を走ってきた馬。
適性の合わなかったレースから条件を変えてきたパターンが面白い。

 

 

勝ち馬にはスタミナ面の後押しが欲しい

勝ち馬に限れば、1600から2000程度の距離経験または勝ち鞍があると信頼度がアップする。
また人気に限らず穴馬もこれに該当する場合が多数ある。
1200、1400までしか距離経験がない馬は、全体的にやや苦戦気味のようだ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ