桜が似合うなでしこよりも今はヤンキー娘に大注目!? 紅梅S展望

  • 2016/01/15
  • ギャンブル
  • 154view
  • のりき 夢丸
タグ

年も改まり、いよいよ東西でクラシック路線へのステップ競走が始まるが、不思議なことに本番にあまり直結しないと言われるレースも少なくない。
西の新年一発目に行われる牝馬限定OP戦「紅梅S」もそのひとつ。
とにかく変わったプロフィールの馬が飛んでくるので、これはもう芝ではなく、ひとつのダート戦として考えた方がいいかもしれない。

105850070

 

 

アメリカナイズされたダート血統が狙い目

まず血統面からして、桜花賞へのステップと言うよりは、「ダート1400」のOP戦といった風情。
過去の好走馬には、自身がダート大得意な種牡馬の産駒、また父が芝タイプの種牡馬であっても、母系がミスプロ系、ネイティブダンサー系、ヘイロー系である馬が多い。
これほど偏ることも珍しいので、馬券検討の前に、まず出走馬の血統を洗っておくことをおすすめしたい。

 

 

変わったローテーションにだまされるな

血統面がダート指向に偏っているから、好走馬の臨戦過程も一風変わっている。
いちおう阪神JF上位組には注意しなければならないが、もっと穴を狙うなら
夏の洋芝で好走した馬
ダート戦を勝ち上がった馬
暮れの中京戦で好走した馬
などの、いわゆるパワー優先タイプをチョイスしたい。

 

 

キャリアの浅い人気馬は要注意

このレースは、新馬を勝ち上がったばかりでいきなり通用するケースが少ない。
それより転んでも転んでもその都度めげずに立ち上がってきた「叩き上げ」牝馬が、豊富なキャリアにものを言わせて泥臭く勝つレースといえる。
桜花賞まっしぐら、といった王道を進む評判の人気牝馬は疑ってかかるのもありだ。

 

 

差し、追い込み脚質を狙え

季節がら京都の芝コースは内の馬場状態がよく、差しが決まらないと思われるが、このレースに限っては、何が何でも先行馬、内枠有利とはいえない。
4角で10番手以降の追い込みに属する馬が、ゴール前一気に押し寄せる姿も目立つ。
追い込み同士で決まる、いわゆる「ズブズブ」まで考えられるので、メンバー構成を見た上で、同じ脚質どうしの馬を組み合わせる馬券を優先したい。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ