金杯で乾杯できなかった本命党はここを狙え ニューイヤーS展望

  • 2016/01/07
  • ギャンブル
  • 130view
  • のりき 夢丸
タグ

本当の「ニューイヤー」を

別定戦になって以来、メンバー的にも決して軽いとはいえなくなってきたこのレース。
このところ配当も堅めで推移している。
超難解な金杯で迷ってお年玉をもらい損ねたファンこそ、このレースで本当の「ニューイヤー」を迎えてほしい。

339671345

 

 

むやみな穴狙いは禁物 1番人気が強い

同じ1600Mであるにも関わらず、なぜ正月京都の金杯に回らず、スライドで賞金の安いここに出走してきたかを考えるべき。
陣営の「名より実」をとる作戦に素直に乗ってみよう。
トリッキーなコースと言われる中山マイルだが、上位人気の成績が圧倒的によく、二桁人気馬の激走はほとんどない。

 

 

ただし中山との相性が悪い人気馬は切る

上位人気でも中山に全く実績のない馬は切ってよい。
昨年1番人気で8着だったサトノギャラントを筆頭に、典型的なサウスポーなのに人気になるケースは危険。
ここを叩いて次の東京新聞杯が狙いであることを見抜きたい。

 

 

休み明けでも侮れない。暮れに使った馬と対等の勝負可能

ローテの主力は、暮れのOPを使ってきた順調な馬で、リゲルS、ファイナルS、朝日CC組が中心。
重賞とOP特別の差はあまりない。
しかしそれと同等に評価したいのが休み明けの馬たち。
休養前にどんなに大敗していても、それはあくまで隠れみので、仕上がりが順調なら目をつぶって狙いたい。
放牧でリセットし、ここを狙って暮れから熱心に仕上げた馬の鉄砲激走がある。

 

 

内枠の先行馬中心に

中山マイル戦の教科書通り、内枠の先行馬は狙いが立つ。
しかしあくまでこの時期の芝コースなので、外からも差し馬が間に合う。
よって安易な「行った行った」よりは、「先行ー差し」の組み合わせを買うのが現実的。
3連単なら2、3着付けに差し馬を持ってくるのがよさそうだ。

 

 

名前を見ると実力馬の復活、飛躍がよくある

厳冬期のレースにも関わらず、好走馬の名前には重賞勝ち馬、あるいはこの後G1まで勝つ馬たちがズラッと並ぶ。
彼らはこの時点ではまだ賞金が足りず、このままでは春のG1に出られないことが決定的で、なんとかして冬の間に稼ぎたかった本気モードの馬がほとんど。
そのネームバリューと陣営の熱意に逆らうことはない。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
up のりき 夢丸
のりき 夢丸
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ