知的な大人のブラッドスポーツ それがホースレース

  • 2016/01/01
  • ギャンブル
  • 140view
  • YAZIUP運営
タグ

今と過去の違い

ポケットには新聞、ハンチングを被った中年男性。その手には赤ペンというのは既に過去の物語。いま、かっこいい男のレジャーとして人気なのがホースレース。ブラッドスポーツ競馬は知的なギャンブルでもあるのです。

 

 

競走馬は300年続いている血統の芸術作品

年末に行われる有馬記念や初夏の日本ダービーなど、大レースのときだけ記念馬券的に買う人まで含めると競馬人口はかなりの数になるでしょう。そこでは、あまり意識することはありませんが、競馬には300年を超えるブラッドスポーツとしての歴史があります。
より速い馬・より強い馬を目指して交配されてきた競走馬の歴史があるのです。人為的につくりあげられた芸術作品、それが競走馬です。
125327420

 

 

理論的な血統予想は知的な競馬の楽しみ方

ギャンブルでは確率統計学が重視されることもあります。しかし、それは生き物である競走馬の未来を予測するには不適格かも知れません。競馬の血統研究は実に奥が深く、まさに生物である馬の適性や能力を理論的に考えるものです。
つまり、明確な根拠に基づいて結論付けられるのが血統予想。推理小説を読む楽しみに似ているともいわれます。血統に関する文献も多数あります。
39570922
Cheryl Ann Quigley / Shutterstock.com
 

実際のレースでは、残念ながら予想どおりの結果にはならないことが多いものです。いまこの瞬間の体調や気分の問題、瞬時に変わるレース展開などの不確定要素が多いためといえます。騎手との相性の問題も無視できません。血統だけでなく、その他の要素も加味すれば予想の精度があがる可能性もあります。とはいえ、当たらなくても楽しいのが血統競馬です。

 

 

代々受け継がれる姿を追う楽しさがある

さかのぼればわずか3頭の始祖に行き着くといわれるのがサラブレッドです。そして、代を重ね枝わかれすることでさまざまなタイプの子孫が生まれています。国内では年間8000頭から9000頭ほどの仔馬が生まれています。
182393879

 

 

競走馬が引退して数年もすればその子が競馬場に姿を現します。自分の知らない馬の血統ではなく、この目で見ていた馬、活躍した馬の子を見ることができるのです。その子の子や孫までも現役で見ることができます。これがブラッドスポーツ競馬の大きな楽しみです。
鉄火場ではないスポーツギャンブル場としての競馬場に、若い人が多く足を運んでいる理由のひとつでもあります。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

YAZIUP運営
YAZIUP運営
「モテたい!カッコよくいたい!!」 そんな30代〜50代の男性の皆様に“カッコいい”おやじになるための情報を毎日お届けするYAZIUP!! 雑誌モデルや有名人のような現実的でないスタイルは提案しません! 日々の生活や、ちょっとした工夫でできる 『近所のオヤジ達の中で一番カッコいいオヤジ』を目指しませんか?
up YAZIUP運営
YAZIUP運営
ギャンブルの

アクセスランキング

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ