記事制作方針ガイドライン

ハイレベルな静岡支部の激戦!GW前は浜名湖競艇場が熱い

  • 2017/04/29
  • ギャンブル
  • 53view
  • 松村 昴
タグ

オール静岡支部の激戦

浜名湖競艇場ではGWには恒例になっているオール静岡支部の選手によるレースが楽しめます。今年は4月28日から5月3日まで開催の『浜松市長杯争奪戦 やらまいかカップ』です。静岡支部の選手と言えばハイレベルなことで知られています。とくにSGでも大活躍している坪井康晴選手と菊池孝平選手を筆頭に服部幸男選手や徳増秀樹選手、笠原亮選手とSG・G1常連選手が出場します。さらに女子レーサーからは絶好調の長嶋万記選手も登場して激戦になること間違いなしです。

オール静岡支部の激戦

 

『浜松市長杯争奪戦 やらまいかカップ』の展望

ハイレベルな静岡支部において中心になってくるのが坪井康晴選手と菊池孝平選手でしょう。坪井選手は昨年のSGボートレースクラシックの覇者であり今年4月に開催されたG1北陸艇王決戦では優勝しており近況絶好調です。一方で菊池選手も昨年はSGボートレースメモリアルを優勝しており今年は2月に浜名湖競艇場でG1浜名湖賞にて優勝までしています。しかもG1浜名湖賞でシリーズリーダーとして優勝戦で1号艇だったのが坪井選手でした。それだけに坪井選手にとってはリベンジと考えているでしょう。また、近況こそ思わしくないものの服部幸男選手も負けられないと思っているはずです。4月に開催されたG1マスターズチャンピオンで優出している大場敏選手も侮れない存在です。他にも徳増秀樹選手や佐々木康幸選手、笠原亮選手、伊藤将吉選手なども優勝候補と言えます。さらに河合佑樹選手や深谷知博選手などの若手にも注目です。

『浜松市長杯争奪戦 やらまいかカップ』の展望

 

浜名湖競艇場の特徴やデータを紹介

浜名湖競艇場の水面特徴としては広さにあります。スタンドから対岸までの幅員は約170mもあるのです。さらに水質も汽水なので思い切ったまくりが決まる傾向があります。だから若手のスピード力あるターンによるまくりを狙うのがおすすめです。

“また最近3カ月(2017/1/1~2017/3/31)のデータとしては1コースの1着率は49.2%となっています。”

引用元:BOAT RACE OFFICIAL WEB

平均よりも少し信頼度がない数字ですが今回はオール静岡支部ということでスタートも決まる可能性が高いです。そのため平均よりもインコースから逃げが決まりやすいでしょう。ぜひインコースの選手とまくりが得意な選手を狙ってみてください。

浜名湖競艇場の特徴やデータを紹介

 

現地ではイベント開催

浜名湖競艇場と言えばイベントを開催することが多いです。今回の開催でもB級グルメフェアや抽選会、トークショーなどのイベントが満載となっています。4月30日には2016年にR-1で優勝したハリウッドザコシショウが登場し爆笑ライブが開催されます。また、同日には木村沙友希選手・豊田結選手・勝又桜選手の地元女子選手のトークショーもあります。また、5月3日には津吹みゆさんの歌謡ショーも開催されます。他にもさまざまなイベントがあるのでレースだけでなく十分楽しむことができるのです。ぜひGW前は浜名湖競艇場で競艇とイベントを思う存分楽しんでみてください。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルを愛するフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。 趣味はアウトドアでキャンプやサイクリングで気分転換。
記事制作方針ガイドライン
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

    ロットンダで

    ロットンダブースト

    人気カテゴリランキング

    ページTOPへ
    ページTOPへ