記事制作方針ガイドライン

単勝買ってりゃ儲かるぞ 2着が異様に少ない騎手を狙え

  • 2017/04/09
  • ギャンブル
  • 126view
  • のりき 夢丸
タグ

これが戸崎出遅れの影響なのか

2着がとっても少ない「単勝向き」騎手たちをご紹介!

春本番を迎え、クラシック戦線直前のJRA騎手リーディングを眺めると、ちょっと面白いことに気がつく。

今年は年初から田辺、ウチパク、松岡といった面々がダッシュをきかせて、ファンを驚かせた。
代わりにデムーロや戸崎らは当初2着がとても多くて、ちょっと波に乗り切れていない印象があった(今は鬼のように勝っている)。

その恩恵をひとえに受け続けたのが、今回紹介するいまだ2着がとっても少ない「単勝向き」騎手たちだ。
馬単馬券がある時代は、結果が1着か2着かで天と地ほどの差が出る。
頭から狙える意外な騎手の名前をぜひ覚えておこう。

 

驚異の2着なし率を誇る3人

驚異の2着なし率を誇る3人を発表!

4月3日時点でリーディング上位にランクインし、かつ2着が少ない騎手はこの3人。

▼内田博 34勝 2着8回 2着率3.2% 

これだけ多くのレースに乗りながら、ここまで2着がわずかに8回!
勝率は戸崎と変わらないレベルで、今年は「1着固定」勝負できる人。
とくに平場戦ではルメール、戸崎より上をいく。
騎乗馬が3番人気までに入っていたら、とりあえずマークしておいた方がよい。

▼岩田 22勝 2着11回 2着率5.4%

ようやくちょっと復活の兆し。
大レースでも落ち着いて馬の力を発揮させる本来の姿に戻りつつある。
この人は午前中の未勝利戦で1勝、午後のメインでまた活躍、という感じで狙い時がわかりやすい。
7、8、9Rあたりは、少しお休みモードなのかな。

▼吉田隼人 20勝 2着9回 2着率4.7%

もっと勝ってもいいローカルの星。裏開催なら関西の一流どころからも声がかかる腕達者。
この人は岩田と逆で、7、8、9Rあたりの中盤戦でキラリと光る。
そのへん、ちゃんとすみ分けができてるんだね。

 

実はもっとすごい頭狙いの騎手がいた

実はもっとすごい頭狙いの騎手がいます

他にもそういう「傾向」の騎手はいるが、あんまり勝ってない騎手を紹介するのもなんだし、日本人ではこの3人が頭狙いの筆頭格。
だけど、今後覚えておいてほしい「馬単」騎手がもう一人いる。

それは今年短期免許で初来日した、V・シュミノーくんだ。

彼の初来日での成績は(7、2、4、55)で、2着率はわずかに2.9%。ウチパクのさらに上をいくすごさ。

とにかく勝つときは鮮やかでエレガント。ムダに動かず、それでいて積極性もある。
彼が馬券に絡むのは上級レースが圧倒的に多く「手駒さえ揃えばこれからもスイスイと勝つ」印象だ。
いま成績を見直すと「よくこれだけの駒で勝ってたな」と驚くし、また実力5、6番手の馬をきっちり2、3着あたりに持ってくるしぶとさが評価できる。

再来日があれば、初日から頭で狙いたい有望株だ。

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

のりき 夢丸
のりき 夢丸
馬と日本酒と時代劇をこよなく愛するフリーライター。 モットーは「人の行く裏に道あり花の山」。 最近はドローンに興味津々の毎日。
記事制作方針ガイドライン
up のりき 夢丸
のりき 夢丸

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダゴールド

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ