記事制作方針ガイドライン

初代GⅡレディースオールスターの優勝は山川美由紀選手!実力者が大活躍

  • 2017/03/19
  • ギャンブル
  • 8view
  • 松村 昴
タグ

初代GⅡレディースオールスターの覇者は山川美由紀選手

2月28日から3月5日に宮島競艇場で開催された第1回GⅡレディースオールスターは山川美由紀選手の優勝で終わりました。これで初代のレディースオールスターの女王は山川美由紀選手となったのです。レディースオールスターは女子レーサーの人気投票によって選ばれた選手のみが出場できます。女子レーサーの実力者から若手のルックスで人気のレーサーまでさまざまな女子レーサーが集まりました。しかも全体的にレックス重視の若手女子レーサーに好モーターが揃ったので面白くなりました。結果は女子レーサーの場合は実力者が圧勝です。女子戦は実力重視で舟券を狙うのがおすすめです。

女子戦は実力重視で舟券を狙うのがおすすめです。

GⅡレディースオールスターの優勝戦を回顧

優勝戦の1号艇は予選をオール2連体で突破した山川美由紀選手。松本晶恵選手と海野ゆかり選手、細川裕子選手のA1の実力者が2・3・4号艇で登場。5号艇にはA2の今井亜美選手、6号艇にはF2の足枷がある香川素子選手でした。レースは枠なりで1コースから山川美由紀選手がトップスタートのST.09で危なげなく逃げて独走で圧勝しました。2着には地元の意地を見せた海野ゆかり選手が入り、3着は昨年クイーンズクライマックスで優勝した女王・松本晶恵選手となりました。女子レーサーの中でも実力者が上位を独占する形となりました。女子レーサーの戦いは格が重要なポイントなのかもしれませんね。

女子レーサーの戦いは格が重要なポイントなのかもしれません

レディースオールスターの初代女王・山川美由紀選手

レディースオールスターの初代女王に輝いた山川美由紀選手は1966年生まれの現在50歳のベテランです。香川支部に所属しており57期の選手です。同機にはSG2回制覇している長岡茂一選手らがいます。山川美由紀選手は今まで女子王座決定戦(現在のレディースチャンピオン)で3回の優勝と四国地区選手権の優勝でG1を通算4回の優勝をしています。ベテランの山川美由紀選手は女子レーサーを長い間牽引してきた選手のひとりです。G1四国地区選手権を1999年に優勝しており記念を制覇して男性レーサーとも対等に渡り合ってきました。ベテランになって若い女子レーサーが台頭してきたので昔のような活躍は見せないもののまだまだ現役です。これからの活躍にも期待の選手です。

レディースオールスターの初代女王・山川美由紀選手はこれからの活躍にも期待の選手です

女子戦は実力を重視すべき

今回のGⅡレディースオールスターは人気投票だったのでB1選手からA1選手まで実力が異なる選手が揃いました。しかも、面白いことにB1選手が好モーターを手にしておりどんなレースになるのか注目していました。しかし、やはり実力上位の選手が成績を残しており女子戦はモーターより実力を重視するのがおすすめです。今回はとくに実力差がはっきりしていたことも実力上位の選手が好成績を収めたのでしょう。だから、実力差がどれほどかをしっかり見極めて舟券予想をするべきです。女子戦は多く組まれているので傾向を掴んでガッツリ舟券を当てましょう。

 

この記事につけられたタグ

関連する記事

この記事の作者

松村 昴
松村 昴
大学生時代からギャンブルにすべてを捧げるフリーライター。 競艇・競馬・カジノがとくに大好き。 現在は全国24競艇場を旅しながら記事を執筆中。
記事制作方針ガイドライン
up 松村 昴
松村 昴

週間アクセスランキング

ロットンダで

ロットンダブースト

人気カテゴリランキング

ページTOPへ
ページTOPへ